■ 2015年のエッセイ ■

2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 INDEX BEST
このサイトの管理人のページです。
思いつくままに、エッセイとして公開します。
もちろん、カモノセキャビン関係ですが、たまに違うこともあります。
なお、管理人宛に連絡をいただければ、
こちらで一部公開することもあります。

2015年1月のエッセイ

新年のご挨拶

本年も、新しい1年が始まった。
皆さんの昨年は、いかがだっただろう。
そして今年は、どんな年になるだろう。
皆さんに、良い年でありますように。
(1月1日)



京都市内の大雪

京都市内では、
元旦の午後から大雪に見舞われた。
午後からのんびり出かけようと思われた方には、
大変なことだったと思う。
名神高速上りでは大津ICの先から渋滞が始まり、
京都南出口まで繋がっていた。
幸い渋滞後尾の脇を抜け、
南ICで降りたので良かったが、
少し遅れて渋滞が延び
立ち往生の方もおられたのではないか。
その後も思わぬところで通行止めがあり、
せっかくの正月休みがつぶれた方も多かっただろう。
カモノセキャビンでは、
毎年そこそこの雪に埋もれるので、
常連さんも雪に慣れた方が多いが、
皆様も念のため、
水や食料、トイレグッズと毛布など
車に積んでおいた方がいいのかもしれない。
(1月4日)



名神高速の大雪

元旦の雪の中を、名神高速を走った。
速度制限は80キロ。
場所によっては50キロ。
しかしそんな制限はなくても、
みんなのろのろ運転。
追い越し車線ですら、
80キロちょっとで走行。
しかしその速度で走っていると、
どんどん車間がつまり、
まわりの車が増えていく。
これって、
高速道路を全員が制限速度で走っていたら、
渋滞になると言う社会実験じゃないか?
などと、まわりのノーマルタイヤの車に突っ込まれないよう
神経をとがらせながらハンドルをにぎる自分であった。
(1月4日)



カモノセキャビンの大雪

正月早々、大雪。
2日は除雪が早かったようだが、
3日は少し遅れた様子。
道路は除雪車が一気に走るが、
店の駐車場の除雪は人力。
マスターやA嬢、
時には常連さんやボランティアさんなどがお手伝い下さって、
駐車場を確保する。
除雪していないと店にたどり着けないが、
除雪前の早朝、
誰も踏み荒らす前の一面の雪景色を
窓からながめながら飲むコーヒーは
また格別。
といってもそんなタイミングで行けるのは、
まず無いことだが。
(1月4日)



Google ストリートビュー

調べ物のついでに、
カモノセキャビン近辺の
ストリートビューを見た。
おや、この入り口にいる人影は?
マスターのようにみえる。
日付は2013年10月。
店まわりには、薪が積み上げられている。
ちょっと、タイムスリップな気分。
(1月5日)



チェーン装着場

店に行く途中、
チェーン装着出来るポイントが何カ所かあるが
先日走ったら、
除雪された雪で入り口が埋まり
ポイントに入ることも出来ない。
まぁ、雪で入れないチェーン装着場には、
チェーンや冬タイヤ無しでは到達することも出来ないだろうし
気にする必要はないのだろう。
しかし、
チェーン装着場は、いつ使うのだろう。
(1月15日)



今年の雪

今年は正月から大雪。
普段なら、上弓削バイパスに入ってから、
田んぼ一面の雪景色となるが、
今年はずいぶん手前から、
田んぼの雪景色にであう。
なつかしくもあり、
不思議な空気感の景色が続く。
(1月15日)



2015年3月のエッセイ

春間近

久しぶりに、カモノセキャビンへ。
雨降りとはいえ、寒くなく、
ああもう春だなぁという心持ちでハンドルを握っていたが、
ふと気が付くと、えっ?雪?
上弓削バイパスの途中から、
突然季節は冬に逆戻り。
店内では、ぼうぼうと燃える薪ストーブ。
店表の薪の減り方が、
唯一春の近さを思わせる。

カメの出現数も、春の近さを思わせる・・・?
(3月2日)



ねぼけ猫

最近のトトのお気に入り場所を
ご存じだろうか。
昔、マリリンという猫がいつもいた場所、
公衆電話の上辺りの、桟の上。
そこから落っこちることがちょこちょこあるが、
たいていは、オッとっとと言う感じで体勢を立て直し、
いかにも降りるんだという感じで落ちている。
ところが先日、
どすんと言う音を聞いて振り向いたA嬢、
横になった寝姿のまま落っこちているトトを発見!
横腹を思い切り床に打ち付けた様子。
さすがにそこは猫、怪我一つ無い。
しかしその前に、猫なら足から落ちろよとは言えないか。
(3月2日)



外国人のお客様

中国人の爆買いなど、
テレビニュースを賑わせていた。
その波は、とうとうカモノセキャビンにもおしよせたようだ。
といっても、爆買いをされるわけではない。
(爆買いの対象となる品は、売ってなさそうだ。)
今までも外人のお客様はたまにおられたが、
皆様、おとなしくコーヒーを飲んだりして過ごされていた。
英語メニューも置いた方がいいんじゃないかと、
はたから見ていて思うこともあった。
しかし中国からのお客人には、
文化の違いがありありと見えるよう。
異国との交流は難しい。
(3月8日)



春間近

気温は少しずつあがり、
ニュースでは『桜』の単語も聞かれるようになった。
通勤途中でも、春の匂いがふと薫る。
そして「バイクでちょっとでかけよう虫」が動き出す。

店内では少し前から春の兆しが・・・。
それはもちろんカメ!
なんともありがたくない、春の先触れ。
(3月8日)



一番の寒さ

春として、気温が低い日が続いているが、
先日の朝の気温は、
マイナス8℃!
3月としては初めての記録。
市街地から走ってきて、
もう雪もなく、
春だなぁと思っていたら、
店までまもなくとなった頃、
道脇の木の陰に、雪の固まりが・・・。
そうか、まだこの辺りは春まだ遠し。
(3月15日)



アカペラ

店内でエッセイネタを考えていたら、
マスターとA嬢が懐かしい曲の話をしていた。
ロンドンハーツの○○という曲が・・・、とか。
そのうち、「ドブネズミ〜♪」とマスターが歌い出し、
「なりたい〜♪」いやいや「なりたくない〜♪」などなど。
2人でワンフレーズを歌い出すのだが、
微妙に音程がずれでいる。
おもわずネタではなく、
正しい曲はどうだったかと、
そっちに思考がいってしまった。
(3月15日)



伏見の通行止め

20日の金曜日、
京都駅南の方のR24で赤信号にひっかかった。
ところが、いつまで経っても信号が変わらない。
気がつくと、道の向こうには警官が。
警察車両に、通行止めの文字。
しかし事故にも見えないし・・・。
かなり待たされ、停車の列がずいぶんノ伸びた頃、
やっと信号が変わった。
今日テレビを見ていたら、
ミシェル夫人が伏見稲荷に来られていたとのこと。
それでか!!
それにしても、後ろの方に繋がった車は、
なぜ車列が動かないかわからない。
(前にいても、理由はわからなかったが)
暴動もおこさずに(?)、よくおとなしく待っているモノだ。
自分も、これが御所近辺なら、
あぁ、また誰か来てるんやなぁと思うところだが、
伏見稲荷とは予想外で、気が回らんかった。
(3月22日)



自家製パン

今年に入って、
パン焼きに目覚めたA嬢
シナモンロールと、テーブルロールに挑戦した。
このうちテーブルロールは裏メニューとしてデビュー。
モーニングセットのトーストの代わりに、
テーブルロールを付けてもらえる。
この店のトーストも一級品を出してくれるが、
A嬢が焼くテーブルロールもなかなかのもの。
自家製なので、間違いなく余計な添加物は入っていないし。
ただしA嬢の手が空いているときに焼くので、
いつも在るとは限らない。
在庫の有無は、
マスターが積極的に勧めるかどうかで、
とてもわかりやすい。
(3月22日)



3月に入って、
ぼちぼちタイヤを換えようかと言うと
マスターから、3月いっぱいは待っときと言われ
暇もないのでそのままだったが、
なんと昨日、
カモノセ辺りは雪だったそうだ。
しかも、夜には積もっていた!
夜8時頃だったか、
A嬢が「吹雪で前が見えない」と言っていたらしい。
京都市内でも、
気温がぐっと下がり、
しばらく控えていた暖房器具が、
活躍している。
三寒四温と言う言葉は冬のものだそうだが、
この春でも、使えるんじゃないか?
(3月24日)



はげ!?

マスターといえども人間で、
体調不良の時もあるわけで・・・。
いつだったか知らないが、
なんとなく熱っぽく感じたマスター、
A嬢に、熱をみてくれと頼んだらしい。
普通なら、でこに手を当てて様子を見るのだが、
何を思ったかA嬢、
でこではなく、はげ上がった頭に手を当てたらしい。
一瞬あっけにとられたマスター、
「そこは頭や!」と返したらしいが。
あわてた声だったのか、凄味のきいた声だったのか。
突っ込んで聞くのはやめた。
(3月24日)



2015年4月のエッセイ

店カード

しばらく追加の無かった店カード、
在庫切れで、
クリスマスツリーの写真のものまで、引っ張り出していた様子。
先般、新作が出たらしい。
それぞれ、店内外の写真を使っているらしいが、
どこを狙ったアングルか、わかるだろうか。
さすがマスター、全部速攻で見分けたとのこと。
店カードは順次店に出ると思うので、
ご興味のある方は、ご来店のほど。
(4月1日)



募集 桜の写真

店カードで使用する写真、
常連さんからいただいた写真を使用することが多い。
在庫が少なくなったら、
その都度使えそうな写真を探す。
ネタがなくなると、
何年前のやん!っていう写真を使うこともある。
作成する方に言わすと、
出来るだけ、季節にあった写真を使いたいとのこと。
この季節なら、桜をネタにしたかったそうだが、
今まで2回使って、もうネタがない。
もともと桜の木が2本しかないので、
そのアングルも限られてしまう。
どなたか良い写真をお持ちなら、
ご提供いただけないか。
ただし、謝礼はないし(コーヒー1杯くらいご馳走されるだろう)
いったん店に渡したら、
店カードか、年賀状か、その他の何かか、
使用は店任せとなる。
写真使用OKの方、
ぜひ店まで、お持ちください。
(4月1日)



R162のベスト3

市街からカモノセキャビンまで行く道で
景気ベスト3を考えた。
ベスト1は、
何と言っても霧の夜のコメリからウッディー京北へと続くバイパス。
道路脇の街灯の光が霧に反射し、
何とも言えない雰囲気の絵になる。
2位は
栗尾峠から見下ろした京北町の夜景も良いのだが、
栗尾峠の少し京北寄りから木々の間に見える川と街灯のまたたき。
3位は
栗尾隧道を京都市街へと抜けた辺りで、
タイミングが合えば坂の上に見える
大型トラックの灯り。
トラックによっては、
まるでトトロの猫バスのように見える。
2位も3位も、
今ではもう見ることが出来なくなった。
もっと良い景色もあるかもしれない。
中川川上り辺りを南に向かうカーブの先に見える1本の大木とか。
季節や時間、天気によって、
同じ景気でも雰囲気が違って見える。
心に残る景色を!
(4月5日)



花桃

ずいぶん前から店内に飾られていた花桃。
きれいな花を付けた。
ところで、 の開花時期をご存じだろうか。
マスター曰く、
梅は3月下旬、次が桜で桃は5月とのこと。
自分も花の知識はないが、
3月3日を桃の節句というし、
語呂からいっても、
梅2月、桃3月、桜4月が基本だと思っていた。
なんでも、京北の辺りは3月でも霜がおりるので、
桃は5月頃に花が咲かないと、実がならんとか。
これはマスター得意の眉唾か?
(4月5日)



ソロツーリング

常連さんが、先日中国地方に行かれたそうだが、
SAでチラホラとバイクを見かけたとか。
まだ若干季節が早いこともあるが、
全盛期に比べると、
バイクの姿は非常に少ない。
それでも宮島SAで、
京都ナンバーのバイクを見かけたとか。
まだ若い兄ちゃんだったそうだが、
自分は車だったので話すこともなく、
心でエールを送ったとか。
バイクツーリング!
やはり羨ましい!
(4月11日)



カモノセの桜

市街地の桜は、
ずいぶん散ってきているようだが、
カモノセキャビンの桜は、
今からが見頃。
チラホラと、咲き始めたらしい。
昨年の桜の写真をいただき、
さっそくカードを作られたようだが、
店にはまだ届いていないとか。
今年の桜、
うまく撮れたら、お送り下さい。
(4月11日)



桜前線、到来?

18日に撮影した写真が手に入ったので、
ニュースの頁に公開した。
写真で見ると、もう満開?
今年も綺麗に咲いている様子。
R162では、笠トンネル北出口をでたところ。
さらに今年は、京北トンネル南出口へと続く道にも、
桜が植わっている。
ほんの短い距離ではあるが、
目に心地よい眺めが続く。

高雄のツツジも、
ずいぶん咲いているよう。
昨年は13日頃に、
高雄のツツジと桜が競演していたが、
今年はツツジのみ。
どちらにしても、
良い景色が続く。
(4月19日)



今年のゴールデンウィークは?

さて今年もまもなく、
ゴールデンウィークが始まる。
もしかしたら早い人は有給等を駆使し、
8連休とか12連休とか。
さて恒例の、マスターのボランティア集め。
今年は山菜の摘み取りが重なり、
マスターもA嬢も、すでにずいぶんお疲れのご様子。
知り合いのボランティアさんにも、
さっそく依頼があったらしい。
残念なことに、どこにも遊びに行く計画を立ててないその方は、
ボランティアリストに複数の○がつけられる。
ご本人曰く、
せっかくの休みヤシ、どこか遊びに行きたいなぁ。でも、
こんな時期に市内にいたら、
観光客がいっぱいで、どうにもならんとも嘆く。

カレンダー通りでも4連休。
皆様のご計画は?
(4月19日)



値上げのお知らせ

マスターより、
コーヒー等一部値上げすることにしたので、
ホームページに告知して欲しいとの連絡があった。
今週土曜日から、
新しい値段になるとのこと。
値上げ商品の詳細はお聴きしていないが、
コーヒーやカレーなど、
主力商品が対象のようだ。
「計算がめんどくさい」というマスターのお言葉により、
メニューの金額はすべて50円単位。
なので値上げも大きく感じられるかもしれないが、
今までよく頑張ったと思っていただければ幸いです。
(4月23日)



2015年5月のエッセイ

新作Tシャツ

この度、Tシャツの新作が登場した。
最初の頃のHeinsのTシャツをベースに、
カモノセキャビンのロゴをプリントしている。
プリントは、すべて店で行っているので、
ある意味、味がでている。
色もカラフルに、
味わいのある色が販売されている。
大量生産ではないので、
なくなれば終わり。
そろそろ前のTシャツがボロボロでという方、
早い目のご購入をお勧めする。
(5月4日)



『君の瞳は一万ボルト』♪

最近の店内では、FMがかかっている。
1970年代頃からの懐かしい曲が多い。
今日は堀内孝雄の『君の瞳は一万ボルト』がかかっていたが、
マスターが「君の瞳は100万ボルト♪」と口ずさみだした。
そこは値上げせんでも・・・。
(5月4日)



クッキー人気

カモノセキャビンの手作りクッキー、
売れ行きはなかなかに好調だそうで、
まとめ買いをされる方もおられるとか。
なんせ、普通にご家庭で手作りされるのと同じレシピで、
余計な添加物など、一切無い。
ココア味もあり、
飲み物を注文すると、
サービスでクッキーが付いてくる。
たまに他の喫茶店でも、
飲み物にちょっとしたおやつが付いてくるところがあるが、
そういう店は、つい選んで入ってしまう。
(5月4日)



漢字

この店ではトイレが外にあることもあり、
勝手に使用される方が時々いる。
あまりにも目に余るので
トイレの入り口に張り紙をしてある。
先日、お客様より
字が違うとの指摘が。
確かめてみると、
おやまぁ!
一応書き直したが、まだ微妙に・・・。
(5月19日)



尻に敷かれる・・・

昼間は結構気温が上がるが、
朝晩はまだまだ冷える、カモノセキャビン。
店内では半袖でも、
外に出るときは、必ず長袖を羽織る。
さてA嬢、日が暮れてから外出しようとしたが、
上着が無い!
あちこち探し回ってたが、
腰を上げたマスターの椅子の上に、
素敵に熨された上着が・・・。
<おまけ>
上着をのけたその下に、さらにぺしゃんこになったものが。
それはボランティアさんが忘れて帰った帽子だった。
復元されて返却されたのは
言うまでもない。
(5月19日)



2015年6月のエッセイ

帽子、その後

あいかわらず、このエッセイページ、
なかなか更新できず、ご心配をおかけしている様子。
自分は元気です。
公私ともに少々忙しく、なかなか店に行けないのが、
更新できずにいる理由。
とうとうマスターからも、更新のお願いをされてしまった。


5月最後のエッセイの、尻にひかれた帽子。
なんでも、マスターの頭にぴったりだったとのこと。
実はマスター、頭が結構でかい!
普通のサイズでは、うまく収まらないらしい。
たまたま忘れ物とされていたその帽子が、
サイズぴったりだったとのことで、
ボランティアさんからプレゼントされるとのこと。
もうしばらくすると、
その帽子をかぶったマスターの薪作りの姿が、
見られることだろう。
(6月18日)



梅雨? 大雨

昨日の警報
皆様は大丈夫だっただろうか。
カモノセキャビンでも、
車ですら出られないほどの雨だったとのこと。
最初の兆候は、公衆電話がリンと鳴ったこと。
直後にドカーンと落雷。
数秒遅れて、『バケツをひっくり返した』そのものの大雨。
想像するに、マスターは店の入り口で、
呆然と雨をながめていたのだろう。
実は自分も、北陸の方ですごい大雨に出くわしたことがある。
ワイパーを最速にしても追いつかない雨。
その上に、大雨で溜まった水たまり(冠水状態)に突っ込んだものだから、
フロントガラスに消防ホースで水をぶっかけられたような
全く何が起こったかわからないほど前が見えない状態。

ああなると、下手に車を止めることも出来ず、
(停めると後続車がぶつかる)
道が見えないのでカーブで脱輪するか
対向車とぶつかるか。

幸いにもどどーっと降る雨は、そんなに長く続かない。
若干小降りになったり、また本降りになったりを繰り返す。
昔より、天気予報に注意して、
やばいと思ったら、停止(休憩)を心がけること!
(6月18日)



サーバー

実はカモノセキャビンのホームページ、
昔の容量の少ないサーバーを利用している。
当初はまだこれほどインターネットが盛んではなく、
ちょうどハシリで、ホームページ作成をお勧めした。
確か、今までにデザイン変更は3回だったか。
もともとたいした運用計画も無く、先々の展望も考えていなかったもので、
ここにきて、サーバー容量が足りなくなると言う問題に直面した。
現在のホームページは、過去の情報もほとんど残している。
年数が経てば、容量が足りなくなるのは当たり前のこと。
運用方針を換えるか(過去分を削除)、
もっと容量のでかいサーバーに変えるか、
どちらにしろ、簡単にはいかない。
ここが悩みどころ。
(6月21日)



セキレイ

このページを更新できずにいた間に
店に行かれた方は、
『巣立ち』の現場をご覧になれただろうか。
店の看板がある辺り、
セキレイが巣を作っていたらしい。
雛が4羽、ピイピイと口を開けてえさをねだっていたとか。
幸いにも、他の天敵に狙われることもなく、
無事に巣立っていったとのこと。
カモノセキャビンからの巣立ちとは、
縁起がいいのか、どうだろう。
(6月21日)



カモノセキャビンの夏

今年も、京都の夏が近づいてきた。
『京都の夏=祇園祭』
ご存じのように、
祇園祭は7月1日から始まり、1ヶ月続く。
そしてカモノセキャビンのストーブは、
山鉾巡行の直前、梅雨明けと同時に姿を消す。(予定)
昨年は8月下旬には再びストーブが設置され、
カモノセキャビンの夏は、わずか1ヶ月半で終わっていた。
このところの天候不順。
今年の夏はどのくらいの長さになるか。
朝晩は寒くて、昼間は真夏気温。
ここは、砂漠地帯か!
実は店内には、まだマスターのダウンジャケットが装備されている。
あのジャケットは、いつ姿を消すのだろう。
(6月25日)



見えない信号

LEDの信号機が増える中、
近くまで行かないと見えない信号機も増えている。
ひどいモノは、停止線の数十メートル手前まで近づかないと見えない。
おそらく、赤や青の信号に従って、
スピードを調整するドライバーへの牽制かと思うのだが、
通常前方の遠くまで視野に入れ、
信号も『そこにある』と認識して運転していると思う。
『見えない信号』は、近くまで行かないと赤も青も黄色も見えないので、
突然目の前に信号が出現することになる。
そして、突然目の前に現れた信号に脳が対応できず、
スルーしてしまいそうになる。
確か、信号の色は遠くからでも認識できるようにと選ばれたはず。
遠くから見えない信号では、
その意味がない気がする。
(6月25日)



2015年7月のエッセイ

蛍の光

いつの間にか、
蛍の時期をのがしてしまった。
今年はほとんど飛んでいなかったとのこと。
2年続いた大雨の影響とか。
しかし、いるところにはいたらしく、
豪雨でもあまり影響を受けなかった谷間では、
百花繚乱、狂喜乱舞・・・(いや、意味違うし)
ものすごい数の蛍が飛び回っていたとか。
以前、蛍の写真を撮ろうと挑戦したが、
素人の手には負えなかった。
軌跡を撮ろうとすると、
わけのわからん光の筋が写るだけだし、
開放時間を短くすると、
何も写らんし。
なんとか、まともな写真を撮りたく、
来年のチャンスを待つ!
(7月1日)



こぉひぃぜりぃ

また、チャレンジが!
A嬢の3回、いや4回目の挑戦!?
マスターやママさんに相談しつつ、
コーヒーゼリーが登場した。
しゃれたグラスにこげ茶のぷるるんとした質感。
トッピングは、ティラミスと生クリーム。
そのひんやりとした食感は、
夏の暑さを一瞬忘れさせてくれる。
味は、カモノセキャビンのコーヒーそのもの。
(あたりまえか!)
全くの手作りのため、添加物など一切無く、
日持ちがしないので、数量限定。早い者勝ち。

今回は、ちょっと食レポ風にまとめてみました。
(7月1日)



過大なるご期待

いつものことと言えば、いつものことなのだが、
先日も、しばらく更新が途絶えた。
で、マスターから連絡が入るのだが、
先の空き期間は、
さらに影響が大きかった様子。
「お忙しいんですか?」「ご病気とか?」
と、何名かの方から問合せがあったとか。
さらにはA嬢のご関係の方からも、
最近更新してないけど、どうしたんとか、
聞かれたらしい。
A嬢も、そこまで反響があるとは思っておらず、
びっくりした様子で、こちらに伝えてきた。
いやいや、自分もびっくりです。
そうそう店ネタが転がってるわけでもなく、
気分が乗らないとかけないという事情もあるが、
自分ネタでもええから、更新してくれと、
マスターからは再度のご要望。
はい! 頑張ってます!
(7月5日)



栗尾峠からの展望

無事開通した京北トンネル。
それまでの峠道は、ハイキングロード?しとて存続。
しかしいっこうに整備が進まないなあと思っていたら、
なんでもすでに、歩きか自転車ならあがっていけるとのこと。
車の場合は、峠の南側から旧道をあがっていき、
途中で駐車してあとは歩いていけばいいらしい。
いつかあがってみたいものだ。
(7月5日)



花脊の脊

各テーブルにおいてある店カード。
裏に地図を書いてあるのだが、
その図の中の花脊の「脊」が間違っていたらしい。
花瀬となっていたようだ。
カードを見たお客さんが、
この字、間違ってないかと話していたのを、
マスターが聞きつけた。
この地図、
京北トンネルが出来たときに書き換えたのだが、
すでに1年半、
誰も気が付かなかったのが面白い。
なお現在は、修正したものを置いているとか。
(7月9日)



せきれい その後

6月に巣立ったばかりのせきれい、
どうやらカモノセキャビンを実家と決めたらしく、
また子産みに戻ってきている。
前回と同じく、卵が4つ。
なんでも、きせきれいと言う鳥らしい。
騒ぐと落ち着いて卵が暖められないので、
店でも知らんふりをしている。
ご来店のお客様も、温かい目で見守ってください。
(7月9日)



花脊の脊 その2

店カード、
関係者の方が作っているとのことだが、
花瀬の瀬を書き換えるとき、
ずいぶん苦労したらしい。
というのは、の2種類があるとのことで、
どうやら、住所としてはが表記されているが、
個別の名称としてはが使われている様子。
見せカードの地図に書くとき、
住所としての花とするか、
個別名称としての花と書くか。
結局に落ち着いたようだが・・・。
(7月14日)



せきれい その後のその後

マスターから、連絡が入った。
どうやら雛がかえった様子。
警戒するので、あまり巣に近づけないのだが、
2羽くらいがうごめいていたとのこと。
おそらく近くに行くと、
雛がピィピイ啼くのが聞こえるのではなかろうか。

表のデッキテーブルに座ると、
山の緑とセキレイの鳴き声と、
そして夏の日差しを浴びて
自然を満喫できるに違いない。
(7月14日)



台風の大雨

昨日、夜半
携帯から発される聞き慣れない音。
京都市内もあちこち土砂災害の危険。
まず西京区、右京区の一部地域に避難準備情報が発令。
北区、左京区、東山区、西京区の一部地域で避難勧告。
その後、鴨川の推移が上昇したとのことで、
伏見の一部地域でも避難準備情報が発令されていた。
その中、カモノセキャビンへ至る道の
北区中川、小野郷では土砂災害で避難勧告。
京北細野地域、宇津地域、山国地域では
昨夜の早い時間に避難準備情報発令。
気になって、朝電話しようと思っていたら、
その前にマスターから電話。
カモノセキャビン近辺では、
それほど水かさも増さず、
店手前に「通行止め」の看板は出ているが、
別段問題はないとのこと。
ただ、中川辺りで土砂崩れがあったという
未確認情報有り。
何はともかく、カモノセキャビンは通常通り
営業しております。
(7月18日)



梅雨明けとストーブの撤去

今年も期待を裏切らず(?)
台風の予報の中、
山鉾巡行は行われた。
これほど、観光客を裏切らない祭りはあろうか。
天候不順を理由に山鉾巡行が中止になったことはないという。
さて、京都は山鉾巡行が終われば梅雨明け。
近畿地方も梅雨明けらしい。
カモノセキャビンのストーブも、
今日辺り片付けるとか。
カモノセキャビンの、短い夏が始まる。

そういえばマスターのダウン
このエッセイで書いたもので、
その後片付けられたとか。
代わりに今は、厚手のジャージを着ているらしい。
(7月21日)



Facebookページ

トップページ、およびニュースの頁にも記載したが、
この度、Facebookページを開設した。
昨冬から、
休みの日の早朝から、
HP管理の自分を叩き起こすのは忍びないと、
マスターから優しいお心遣いをいただいていたのだが、
ネット環境の整わない店内からの情報発信は難しく、
さらに携帯電話すら無縁のマスターによる操作など、
不可能としか言えず、
何か良い方法はないかと検討を進めていた。
当初はA嬢に、
このホームページの更新をしてもらうという
マスター案もあったのだが、
あまりパソコンも得意とは言えない
A嬢の自己申告もあり、
丁重にお断りさせていただいていた。
ブログ、ツィッター、その他SNSを考えたが、
どれもそれなりにツールと技術がいる。

先日の台風の通行止め情報に於いて、
惰眠をむさぼっていた自分にかかってきた
7時、8時、9時、12時の4度の電話に、
さすがに寝ていられなくなって業を煮やし、
速攻以前から一番良いだろうと結論づけていた
Facebookページの作成を依頼した次第。

タイミング良く、
お客様から、Facebookページのお問い合せもあったとかで、
管理者不明の更新されていないFacebookに、
120名もの方が「いいね」をされているのを確認し、
これはまずいと、
さっそく公式ページを皆様にお知らせする次第。

公式Facebookページは、
基本、店内スタッフが管理する。
マスターほどではないものの、
IT系には不慣れなため、
載ってた記事がいつの間にか見えなくなっているとか、
あれ?と思う基礎情報になっているかもしれない。
これはまずいんじゃないかなど、
気が付かれたら、
店までご一報下さい。
(7月21日)



Facebookページ 続き

さて、
以前からあったカモノセキャビンのFacebook
これは「Facebookページ」(団体用)ではなく
「Facebook」(個人用)だと思われる。
ファンのお客様がご厚意で作られたかと思うのだが、
ノウハウなど、ご教示いただきたい。
実のところ自分はSNS系はほとんど使っておらず、
この手のサポートもあまり出来ない。
(なので今回の作成も、人に頼んだ)
チェックインなど、何か設定が必要なのかどうかも知らない。
そしていずれは、
両ページを統合(出来るのかどうか知らないが)して
ファンの方への情報発信となればよいと思う。
(7月21日)



よくあること

20日、店で涼んでいると
外からスピーカーの音。
めずらしい。街宣車?と思えば、
カーブの奥から顔を出したのは、
乗用車と、その後ろを押すように付いてきたパトカー。
車の頭を店の駐車場に突っ込み、
さて手続きを開始の模様。
居合わせたお客さんは思わず腰を浮かし、
外を眺める。
店のスタッフさんは落ち着いた様子で、
いつものことだと言う。
赤色灯を付けた覆面パトカー、
昼頃にもバイクを追いかけていたという。
20日は大漁。
(7月24日)



トトの被災?

台風11号で雨風が吹き荒れた二日間、
遊びに出かけたトトが店に戻ってこなかった。
ようやく探し当てたとき、
店の外の薪の間に入り込み、
声を掛けようが、えさで釣ろうが、
そこから出てこない。
あげくにマグロの刺身まで差し出したというのに、
刺身だけ加えてまた戻るという。
台風の雨風で避難しているのかと思えば、
どうも何か動物に襲われた様子。
けがはしていないのだが、
怯えまくっていたとか。
ようやく店に入るようになったが、
それにしてもトト人気。
来店する方が、
「トトは?」と聞く。
A嬢がぽつりとつぶやいた。
「何にもしてないのに、トトは人気者」
(7月24日)



新しい扇風機

入り口脇の大机の窓にある扇風機。
新しいモノに変わっていた。
安かったので、購入したとか。
ここに置かれると、
川から上がってくる涼しい空気が、
扇風機を通して店内に入ってくる。
扇風機が新しいと、風まで新鮮な気がする。
(7月30日)



ピーマンと万願寺とうがらし

A嬢が、ビニール袋に入れた緑の野菜を持ってきた。
無人販売で購入したそうだが、
これは細いピーマンだろうか
太い万願寺とうがらしだろうか、と。
確かにどっちかよくわからん。
だいたい、ピーマンととうがらしの違いってどこだろう?
とうがらしなら細切りにして炒めると言うから、
ピーマンでも同じちゃうかと言ったのだが、
結局尻の形からとうがらしだろうということに落ち着き、
それはとうがらしとして調理されたらしい。
さて、違いを調べてみよう。
(7月30日)



ストーブ

店内の薪ストーブ、
今日、撤去されたらしい。
こういう情報も、Facebookで知った。
さすがに店内からの発信、
情報が早い。
で、それを見た自分が、
マスターに電話してさらなる情報を仕入れる。

ということでストーブ、
例年くらいに撤去の予定が、
台風が去ったと思えば、この暑さ。
朝晩が冷えるからという理由ではなく、
暑くて片付けていられないという理由で、
撤去の日が延びたらしい。
さて現在、
店内は夏モード。
(7月30日)



2015年8月のエッセイ

かえるの王様

カモノセキャビンの帰り道、
道の真ん中に木片が。
避けて通りすぎるとき、
それは蛙だったことがわかった。
車線のほぼ中央に、
向かってくる車に挑むように
あごを上げ、すっくと(?)座った蛙。
高さほぼ10センチ。
通り過ぎてから、
写真を撮れば良かったと思ったが、
もう遅い。
そう言えば、以前
道路の真ん中でたむろしていた鹿に突っ込み
しばらく鹿と併走したことを思い出した。
なぜ逃げずに併走!?
その時も、これは撮影チャンス! と気付いたのは、
鹿の併走が終わった後。
自分はいつも、シャッターチャンスを逃す。
(8月2日)



かえるの思い出

店で蛙の話をしたら、
いろいろな思い出話が飛び出した。
昔、ガマがエルを捕まえてきて、
踏んで遊んでいたが、
そんなことで死ぬようなガマ蛙ではなく、
子供たちが思いついたのは、
4トントラックで轢くこと。
さすがに蛙はぺたんこになって、
内蔵が口から飛び出した。
ところがしばらくして蛙は起き上がり、
うぐっうぐっという感じで口から飛び出した内蔵を飲み込み、
そのまま何事も無かったかのように、
その場を離れていったとか。
マスターの子供の頃の思い出。
(8月2日)



思い出繋がり

マスターの思い出話の中には、
蛙にストローを突っ込んで、
腹をふくらます
蛙風船の話もあった。
1人、息継ぎがうまく出来ずに、
逆に吸い込んでしまったという。
それを聞いたA嬢。
お嬢の頃に夜店ですくってきた金魚。
その頃は、水槽のぶくぶくなどなく、
A嬢と妹が思いついたのは、
2人でかわりばんこに、
ストローで水槽に息を吹き込むこと。
もちろん、
酸素ではなく二酸化炭素を吹き込んでいるわけなので、
金魚の寿命を縮めたことは間違いない。
子供というのは、知識もなく、
一生懸命考えた結果、
金魚のためにとやったこと。
その後知識が付いてからは、
ひどいことをしたと、反省しているそうな。
(8月2日)



思い出つながり ついで

マスターの子供の頃、
蛙の尻に突っ込んだストロー。
といっても、
その頃には、今のようなストローはなく、
麦わらがストロー代わり。
中には節があって
空気が通らないのもあり、
店のおばちゃんに文句を言ったとか。
タンポポの茎もストローの代わりだったらしい。
さすがに自分には、
麦わらストローの思い出はない。

マスターがぼんの頃。
花に止まっていた蜂をつぶしてやろうと、
手を突っ込んだところ、
当然のように、蜂に刺された。
家族からアホと言われたのは
これまた当然のこと。
こうして、昔話がひとくさり。
(8月2日)



メット焼け

外出先で手洗いにはいると、
鏡に映る自分の顔の中心部が、
真っ赤になっている。
暑いからなぁと思っていたのだが、
ちょうど眉から下の中心部だけが赤い。
そうかこれは、メット焼け!?
むき出しの腕が焼けるのは防御可能だが、
顔はシールドを換えなきゃ無理。
紫外線遮断シールド。
近年の太陽光を考えると、
これも必要経費か。
(8月9日)



おそろいのエプロン

この連休、
台風の後は、A嬢とアルバイトの方が厨房をまわしていた。
見ると、よく似たデザインのエプロンをしている。
デザインは似ているが、どうも受ける印象は違う。
聞くと、同じエプロンの色違いだとか。
うーん、同じモノも着る人によって
こんなに変わるのか!?
ある意味、いい見本?
(8月9日)



スポットクーラー

Facebookでご紹介の通り、
先日からスポットクーラーが登場した。
日中は変わらず暑いのだが、
自分の自宅では、
いつもは7時過ぎから暑くていられなくなる部屋が
今朝は9時まで耐えられた。
ということは、
朝晩は少し過ごしやすくなったと言うことか。
となると、
スポットクーラーの出番は
かなり短いのかも。
短いカモノセキャビンの夏、
心ゆくまで、お楽しみ下さい。
(8月9日)



ボランティア ピンチ!

盆休み前の13日から16日まで、
正月に戻ってこれなかった、
昔の常連さんたちが店にお越しになる。
年1回のお客さまや、いつもの常連さん。
それなりに忙しくなることを考え、
店内では通常スタッフ以外に、
ボランティアさんもかり出される。
そのうちのお一人、
ずいぶん早くから頼まれていたようだが、
怪我をされたとかで、
急にボランティア不可となったらしい。
さぁマスター、他の方に声をかけるか、
人員不足のママ盆に突入するか。
もしこの期間、
見慣れない方が皿洗いをされていたら、
それは急遽、
来店者の中からスカウトされた
臨時ボランティアさんに違いない。
(8月10日)



ハエ取り紙

道路に面した大窓、
ひものようなモノが、ぶら下がっている。
どこかで見たような・・・
そう、それはハエ取り紙。
お若い方は、見たことがないだろう。
昔は市場の店先に、
いくつもぶら下がってた。
特に魚屋とか。
ゴキブリほいほいならぬ、ハエほいほい。
原理は同じ。
飛んでいるハエがくっついて、
離れられない仲となる。
今時、まだこんなのを売っているらしい。
どこで見つけてきたのか知らないが、
昭和のニオイのするものの1つ。
(8月14日)



涼風洞

ご存じ、栗尾隧道。
ここは、二つ名を持っていることをご存じだろうか。
南から入ると栗尾隧道。
北から入ると涼風洞。
地図には栗尾隧道としか記載されていないし、
二つも名を持っているなど、
普通は気付かない。
現在、京北トンネルから栗尾隧道にかけての道路を整備中。
栗尾隧道自体は、現状のままだそうだが、
あの狭さでは、いずれ壊されるだろう。
通れるうちに、一度確認してみてください。
(8月14日)



ボランティアさんの災難

よく手伝いにかり出される
ボランティアさんの1人。
今年は直前になって骨折し、
手伝いが出来なかったらしい。
件のボランティアさん、
古い家に住んでおられるらしいが、
骨折の数日後、
風呂場前の床が陥落。
骨折の方は、ほっといてもいずれ治癒すると考えたらしいが、
床の方は、歩く度にひどくなる。
仕方なく知り合いの工務店の方を呼び、
盆休み中だというのに修理してもらったらしい。
その盆休み、
知り合いが緊急入院したとの一報が入り、
状況確認であわただしく過ごされたとのこと。
いたってお気楽なその方は、
それぞれを個別のこととして語られたが、
まとめて話しを聞くと、
なかなかにすごい話し。
わずか1週間の間にそれだけあれば、
しかも盆の入りでご先祖様がかえってこられる時期。
それってどうよ!? って考える自分が変?
(8月17日)



盆休み

今年も短い夏の間の盆休み。
カレンダーの祝日に縁のない客商売では、
年に2回だけ、連休となる。
といっても、旅行に出るわけでもなく、
行くのは、せいぜい近場の温泉くらい。
マスターにとって、
骨休みだか何なんだか。
子どもが小さいうちは、
なかなか遊びに連れて行ってあげることも出来なかったと
ずいぶん昔に聞いたことがある。
今はそのお子たちも立派な大人で、
じぃじは孫守か。
さてこの連休、どう使うのか。
(8月17日)



マスターの食事

マスターは、ご自分の食事に
とても気を遣っておられる。
カロリーを考えて、
塩分・油ものを控え、
白飯は1回120グラム。
いつもスタッフの方が茶碗によそうのだが、
慣れてるので、だいたいの目分量。
ある日ふと、マスターがつぶやいた。
最近ご飯の量が少ないような・・・。
しかしスタッフを信じているマスター、
文句も言わず、おとなしく食していたらしい。
その後、量を間違えていたと気が付いたスタッフさん。
半分の60グラムしかよそっていなかったらしい。
さぁ、それとわかったマスター、
「わし、おかしい思ったんや!」
「これだけしか、食べさせてもらえへん」
「かわいそうなワシ」と、言いつつ
「おかげで、こんなにしぼれたわ」と言って腹を見せる所は、
マスターらしい。
(8月24日)



食生活

手伝いにくるボランティアさん、
閉店まで手伝うときは、もちろん夕食の賄い付き。
しかしそのボランティアさん、
早い夕食についていけず、
自宅へと戻る道で、ついうどん屋へ寄ってしまうらしい。
帰り道のちょうど良い時間に通りかかるので、
引き寄せられるように入ってしまうらしいが、
おかげで体重右肩あがりだと、笑ってらした。
せっかく賄いメシが、栄養やら味やらいろいろ考えた内容なのに、
自ら壊す食生活。
しばらく泊まり込みで、食生活の改善をお勧めしたい。
(8月24日)



2015年9月のエッセイ

マスターの食事 続き

「マスターの食事」を書いたが、
スタッフさんからクレームが・・・。
まるで自分が虐待しているみたいやと。
実は、その後日談があったらしい。
ご飯の量が少なかったことに気が付いたスタッフさん、
すぐにもとの量に戻された。
ところが今度は、
マスターがその量を食べられず、
残してしまったらしい。
どのくらいの期間、減量されていたのか知らないが、
すっかり小さくなったマスターの胃。
少ない量で活動を維持する
マスターの身体の熱効率は、MAX!
(9月1日)



今年のストーブ

Facebookでも紹介されていたが、
今年も早々と、27日にはストーブ設置。
翌28日には、火も入れられたとか。
だいたいカモノセの夏は、
山鉾巡行から9月までの1ヶ月半あったが、
どんどん短くなっている。
このところ朝夕の気温は20度。
ストーブに火を入れた28日は、
朝の気温は14度。
でも街中や昼間はまだ30度近くまであがる。
昔あったなぁ。『東京砂漠』って言葉。
ここは『京都砂漠地帯』?
(9月1日)



見えない信号 続き

以前見えない信号のことを書いたが、
その後、自分の運転で恐ろしいことに気が付いた。
見えないけれども、信号がそこにあることは覚えた。
すると走りながら、
もう見えるかな、何色かなと、信号を注視してしまうのだ。
これはまずい! とことんまずい!
信号を見る余り事故るなんて、
とんでもない!
困ったモノだ。
(9月6日)



バターロール

メニューには載っていない
お手製バターロール。
最近は一段と評判が良く、
モーニングセットご注文の半分は、
トーストからバターロールに変更されているとのこと。
確かに、この店のバターロールは美味しい!
材料はもちろん一般でも買えるものを利用し、
厨房のオーブンで焼いている。
オーダー時にマスターが添える一言、
「地元産のトーストか、自家製のバターロールか、どっちがいい?」
(9月6日)



交通安全会議

8月のある日、
マスターに警察から呼び出しがかかった。
いやいや、別に違反したとか、
そう言う話しではない。
交通安全に関する会議で、
いろんな関係者が参加されたらしい。
結果等はお聞きしていないが、
年に何度か大きな事故が起こることもあり、
皆さんで、対応を検討されたのではないだろうか。
またいずれ、ご報告があるかも。
(9月14日)



オリジナルグッズ

ご存じ、カモノセキャビンオリジナルグッズ。
各種あるのだが、
結構マスターの気まぐれで用意されるため
タイミング良く購入しないと、
永遠に手に入れられない
プレミアムグッズも数知れず。
今回は、皆様からのご要望に応え、
Tシャツのラインナップが増えた。
初お目見えは、紺とグレーの長袖Tシャツか。
おなじみ半袖Tシャツは、
今なら色も豊富に取りそろえている。
とくに女性向きには、
他のTシャツに比べ、若干丈が短めの
ユースサイズも用意されている。
自分のお気に入りは蛍光色のTシャツだが、
売れるかどうかわからんとのことで、
現在は1枚しか無い様子。
ほかにも、新トートバッグが売られている。
こちらは外にポケット付き。
それぞれ、店内に用意されているので、
気になる方は、ご来店下さい。
(9月14日)



メル友とペンフレンド

先日、常連の方が、
英語の手紙を読んでおられた。
それをのぞき込んだマスター、
「へぇ、ペンフレンドか?」
その場に居合わせた皆様、
意味がわからず、しばらく固まっておられたとか。
雰囲気を感じ取ったマスター、
「えっ? 文通やろ?」
その言葉に、やっと皆さん気が付き、
今時は、メル友って言うんだと教えられたマスター。
ペンフレンドとか文通って言う言葉は、
今は通じないらしい。
(9月18日)



連休―シルバーウィーク

長い人は5連休となる連休。
なんでも、シルバーウィークと言うらしい。
5月のゴールデンウィークに対抗してシルバーウィークなのか。
A嬢曰く、
敬老の日があるからシルバーウィーク?
カモノセキャビンでも、
通常の平日なら、
どちらかというとのんびり店内だが、
これだけ祝日が続くと、
仕込みだ何だと、あわただしい。
手伝いのボランティアさんの手配も大変で、
なんとか目処も付いた様子。
マスターもしゃべりに大忙しの、
連休となりそうだ。
(9月18日)



連休 中日

この連休、なぜかあわただしく、
合間をぬってカモノセキャビンへと向かったところ、
やたら、パトカーやら白バイに出くわす。
連休だから、たくさんパトロールに来ているのかと思えば、
20日の夕方、
車とバイクの死亡事故があったとのこと。
パトカー数台、
白バイ一個小隊。
この辺りをパトロール。
もちろん、店に声を掛けて、
安全運転を促すなど。
警察も、事故がないようにと、
速度取り締まりもぬかりなく。
皆さん、自分は事故っても自業自得かもしれないが、
家族や友人のことも考えて。
少し想像力を働かせて
残される方の気持ちも。
(9月21日)



一言が

久しぶりに顔を出した常連さん。
いつもいるスタッフさんがいないので、
何気なく、今日はSさんは?と尋ねた。
お休みなんですと答えたA嬢、
ついでに
「愛想のない自分しかいなくて済みませんね」と一言。
まったくそんなつもりの無かった常連さん、
いや、あの、その・・・と、大変困られた様子。
もちろんA嬢もからかっただけで
意地悪ではないし、深い意味もない。
時々そうして常連さんをいじめるA嬢の対応は、
やはりマスターの影響だろうか。
(9月21日)



ストーブの穴

ご存じのように、カモノセキャビンのストーブは、
『しゃれた』と言う言葉からほど遠い、
ドラム缶型ストーブ。
1ヶ月ぶりに登場したストーブには
横っちょに、穴が空いていたらしい。
それを知った常連さん、
こちょこちょっと溶接して、
穴を塞いでくださった。
きっとその常連さん、
報酬は、カレーかコーヒーだったんじゃないだろうか。
カモノセキャビンは、
常連の皆様のおかげで成り立っているお店。
それはもう、名実共にであることは間違いない。
(9月26日)



テーブルの位置

このところ、
店内のテーブルが1つ、
いつもと位置が違う。
窓に対して若干斜めの
ちょっとおしゃれな置き方。
ストレートに考えると、ストーブが暑いから?
と聞くと、A嬢あわてて
「そんなことマスターに言ったら、気を悪くされますよ」と。
なんでも、マスターは『おしゃれ』のつもりで配置されたとのこと。
たしかに、
若干調和を乱す、その置き方。
おしゃれだと思う。
が、
それがマスターの考えだというのが、
どうも・・・な。
(9月26日)



2015年10月のエッセイ

Facebookネタ

公式Facebookが始まったが、
朝にその日の気温などが発信される。
気温や道の状態だけではなく、
ニュースも流されるが、
ネタは新鮮、読まれた方とのやりとり可能という、
ネタ比べの寿司屋じゃないが、
新鮮さでは、こちとら太刀打ちできない。
マスターがすかさず、
あんたのエッセイの文才は別ものやとほめてくれるが、
若干、やられた感がつきまとう。
ということで、
自分もFacebookからネタを拾いつつ、
なかなか店に行けない弱点を補いつつ、
こうしてエッセイと称するものを書きつづる。
(10月7日)



マスターのごはん

以前、マスターの白飯の量が
がくんと減ったという話しを書いたが、
現在のマスターの白飯は、
自主的に(と、ここは強調してくれとA嬢)
80グラムから100グラムとか。
それで充分、満腹になるらしい。
とはいえ、おやつは存分に食べておられるように見受ける。

薪割りの季節になり、
さらに身体は絞られる。
またしばらくは、
マスターの身体自慢を聞くことになりそうだ。
(10月7日)



ホームページと管理人(自分のことだ!)

お客さんがマスターと、
カモノセキャビンのホームページのことを話されていたらしい。
マスターは、店のホームページは素敵やろ。と自慢され、
ホームページをみて来られたお客さんは、
マスターを見て、店のイメージが変わるんやとおっしゃる。
管理人の話になり、
みなさんに、どんな人かと聞かれるので、
ええ男やで。ワシより落ちるけど。と話されたとか。
たしかに、
自分はマスターに及ばない。
その口(の訊き方)も、腹の色も。
自分は、とっても小市民だと思う。
マスターに比べれば。
(10月13日)



FaceBook人気

ご存じ、公式Facebook。
直接店舗から発信されているので、
リアルタイム情報が多い。
いろいろと気にされるマスター、
Facebookの「いいね」数も気にされる。
最近では9月29日公開のトトの写真が、
アクセス数がダントツに多い。
過去にマスターの写真も載っているが、
マスター曰く、「猫に負けた・・・」。
どんな勝負だか!
(10月13日)



トンネルの風

ボランティアさんの話し。
以前カモノセキャビンへ来るとき、
気持ちよく京北トンネルを走っていたら、
進むごとに『音』がメットのまわりに迫ってきて、
何とも言えない大音響になったらしい。
もしかして、メロディ道路になったのかとも考えたらしいが、
それはメロディとか言うレベルではなく、
単に音響。
そのうち、音に圧迫されて
発狂するのではないかと不安になったらしい。
しかし何度もこの道は通っているが、
今までそんなことを感じたことはなかったとのこと。
他の誰からも、そんな話しは入ってきていないし、
きっと車のエンジン音やなんやで、共鳴したんだろうと、
マスターに言われ、
とりあえずは納得された様子。
どなたか、そんなご経験はありませんか?
(10月20日)



雪の棒

今年はえらく早くから、
道の脇の赤白棒が立っている。
雪が積もったとき、道の端を示すための例の棒。
確か以前は、立つのはもっと遅かった。
数日前から、
カメムシも大量発生。
今年はぐっと寒くなるとの、
マスターの予言もある。
ついこの間までは暑かったのに、
秋が無くて、すぐ冬の様子。
バイクを楽しむ間もない・・・。
(10月20日)



2015年11月のエッセイ

トイレのストーブ

早々と、道脇の棒が立ったと思ったら、
カモノセキャビンのトイレにも、
すでにストーブが登場していた。
今年は、どうも早い。
気温も早朝は、2℃だと聞く。
店内は30度を越す室温で、
バイクで身体の冷え切った皆様には、
大変喜ばれている。
しかしその後、
また寒い野外に出て行くには、
少々根性がいる。
まだ冬はこれから。
カツをを入れて走らねば。
(11月1日)



秋のシフォンケーキセット

実りの秋で、
多めの材料が手にはいると、
ママさんやA嬢の
シフォンケーキへの挑戦が始まる。
今までも、ある時限りの種類もあったが、
今は『秋限定』メニューがでている。
芋・栗・カボチャの3種のシフォンケーキがセットになった
「シフォンケーキセット」(コーヒーか紅茶の飲み物付き)1,000円。
1つづつは、通常のハーフサイズくらいだが、
一度に3種の味を楽しめる。
女性の好みとして、
芋、栗、なんきん、かぼちゃという言葉があるが、
それに則ったラインナップ。
もちろん女性に限らず、
男性でも、お子様からご年配の方まで、
味を楽しめるのはもちろんのこと。
試食させていただいたが、
自分の好みとしては、やはり芋だろうか。
それぞれ、イヤっちゅーほど原材料を使っているので
たっぷり味を楽しめる。
一度、ご賞味下さい。
(11月1日)



今年のかめむし

今年もマスターは、
カメムシ取りに余念がない。
すでに捕獲数は、2万匹を超えたらしい。
昨年の1割り増しだそうだ。
あまりに大変そうなので、
捕らずにほっといたらどうかと聞いたが、
そうすると大量のカメムシに、
営業が出来なくなるらしい。
さらに、来年もっとすごい数が発生するとか。
お持ち帰りはしたくないし、
ここは頑張って、
カメムシ取りをしていただく他はない。
(11月9日)



新商品ラングドッシャ

すっかり定番の手作りクッキーだが、
今度はラングドッシャが仲間入り。
クッキーに比べ、サクサク感が特徴か。
クッキーと同じ量で、同じ値段。
自分としては、ラングドッシャの方が好みかも。
ロールパンにシフォンケーキに、クッキーにラングドッシャ。
続々増える手作り品に、
ママさんもA嬢も忙しい。
(11月9日)



堤防工事、その周辺

フェイスブックで、
マスターがトトを越えたと喜んでいた、
木を切り倒した写真。
実はそれは、
護岸工事の一環で、
山からの水を流す水路製作の一環として
木を伐っていたらしい。
切り倒された木は薪になり、
ストーブにくべられ、
来客を暖めるために使われる。
(11月17日)



堤防工事

11月上旬、
カモノセキャビンの付近では、
堤防工事が行われていた。
2年前の大雨で崩れた店裏の川べりを
補修している。
なんでも補修材は、「ふとんかご」と言うらしい。
コンクリなどで固めるのではなく、
自然に優しい工法だとか。
工事が終了したら、
ちょっと川をのぞいてみたらいかがだろう。
(11月17日)



最近、負けとります――垣根

雨の中、バイクで暗い路地を走行中
対向車を除けようとして、左に寄ったら、
石垣の上に大きくはみ出た植木に突っ込み、
・・・・転けた。
バイクで転けたのは久しぶり。
ハンドルはいがむし、ミラーは変な方に曲がるし、
ついでに足も多少ひねった様子。
このところ、負けが続いているなぁ。
やはり厄落としは、
カモノセキャビンでコーヒーだろうか。
(11月19日)



最近、負けとります―― Facebook

相変わらず、
忙しさと、ネタ不足にかまけ
このページの更新が遅れ気味である。
こうしている間に、
どんどん人気をFacebookに抜かれ、
さらに、
「まぁええか」感にさいなまれる。
ネタがあっても、気分がのらなきゃ、
このわずかの文章すら、思いつかない。
マスター曰く、「今かかっている仕事に手を取られすぎ」らしい。
確かに現在、やっかいな案件に取りかかってはいるが、
仕事は仕事。(仕事自体は、それほど面倒ではないのだが。)
こういうときこそ、カモノセキャビンでほっこりすればよいのだが、
そこまで出かける気力も時間もないとなれば、
かなり重傷?
いいさ、どうせFacebookのリアルタイム情報には勝てないし。
などと、競争にもならない勝負に気をそらす。
いやいや、赤い色と海とどっちが好き?みたいな、
関係ないことは考えず、
地道に頑張ろう!
 と、ちょっと文章にするだけで気が晴れるのだから、
 人間って面白い!

(11月19日)



点けないヘッドライト

このところ、
夜間でも、ヘッドライトを点けない車をよく見かける。
危なくて仕方がない。
少し前からは、
トンネルでも無灯火で走る車を
よく見かけるようになっていた。
ルールもマナーも無しかと思っていたが、
最近の車は、自動でライトが付くセンサーがついているとか。
ドライバーは、勝手にライトがついていると思って、
無灯火で走っているのかもしれない。
確かに街中だと、
無灯火でも気付かないかもしれない。
しかしトンネルや夜のカモノセキャビンの方などは、
ヘッドライト無しでは走れないと思うのだが。
どうか皆さん、気をつけて。
(11月24日)



秋の終わり

秋の味覚のケーキセットが、
ぼちぼち終わるらしい。
栗やら芋やら、
旬で美味しい素材で作ったケーキ。
最近食べてない。
(というより、最近行けていない)
クリスマスクッキーも出来たという。
秋ももう終わり、冬到来。
(11月24日)



2015年12月のエッセイ

オムライス

カモノセキャビンとは関係ないのだが、
わりと好まれる食事メニューに、
オムライスがある。
喫茶店メニューのオムライス、
専門店のオムライス。
家庭で作るオムライス。
良くメニューに「ふわっと卵の」オムライスとか、
「とろとろ卵の」オムライス、
などの形容詞がつくが、
この違いを最近経験した。
自分の好みは、「ふわふわ卵の」オムライスかな。
(12月3日)



そろそろ本領発揮! フェイスブック

少しずつ「いいね」が増えている公式Facebook。
ぼちぼち本領を発揮するシーズンになってきた。
冬場の雪状況、道路状況を、
できるだけリアルタイムで提供するよう、
言われ続けたこのサイト管理人の自分。
早起きが苦手でなかなか対応できず、
マスターをやきもきさせていたが、
店内直接公開のFacebookでは、
マスターが「発進!(発信)」といえば、
速攻情報が配信される。
それこそ、リアルタイム!
最近は気温や道路状況など、
休みの日には情報提供されている。
どうぞ、そちらの方もチェックして下さい。
https://www.facebook.com/kamonosecabin
(12月3日)



クリスマスツリー

この時期限定のクリスマスツリー。
毎年、マスターが山から伐ってくる。
今年は、店の庭(?)にあった木を利用されている。
ログハウスに、生木のツリー。
こんな贅沢なツリーは、
めったにお目にかかれない。
願い事を書いて、吊り下げてみたらどうだろう。
そりゃ、七夕か。
(12月9日)



クリスマスクッキー

クリスマスツリーとともに、
クリスマスクッキーが登場している。
クリスマスデコレーションのアイシングがされたクッキーが入り、
クリスマスムードを盛り上げている。
マスターが、
かわいいしええんやけど、作るのにどれだけ時間がかかっているか、と
苦笑いしている。
今だけ、限定。
定番クッキー以外に、
ラングドシャやスノーボール(冬季限定)も用意されている。
ぜひお店でご確認下さい。
(12月9日)



クリスマスツリー その2

店内のクリスマスツリー。
毎年、天井まで届く木を伐ってきて、
シンプルに飾り付けている。
カモノセキャビンの絵はがきに、
クリスマスツリーを写したものがあるのをご存じか?
何気なく販売しているが、
よく見ると、
この写真は、ン十年前のもの。
卓を仕切っている本棚も、
この絵はがきには写っていない。
もしかしたら、この頃は電飾もあったのか。
それっぽいコードが写っている。
しかしベースは、
大きな赤いリボンと
赤い球の飾り。
ン十年経とうと、
その雰囲気は変わらない。
(12月14日)



今週辺り、雪?

天候不順の昨今、
マスター予報では、今週後半は雪らしい。
通い始めた頃に比べ、
ずいぶん年を経た自分。
この時期、バイクで行くというと、
「来るな!」と断られる(笑)
特に先月転けてからは、
もうええ加減、気をつけぇと言われる。
初見さんのお客さんでも、
バイクで来られた方には、
そろそろ雪やし、夕方からこの辺走るのは危ないと、
アドバイスがはいる。
車の方なら、
スタッドレスタイヤに換えてるか、
店の車はもう換えたでと、話される。
自分の車も、ぼちぼちタイヤの換え時か。
(12月14日)
※1ヶ所、誤字指摘のご連絡をいただきましたm(_ _)m
 ありがとうございました。


A嬢のルーター

現在、
カモノセキャビン直送のFacebookを発信できるのは、
A嬢がルーターを購入されたから。
ところがそのルーター、
先日ぶっ壊れた。
電波を拾う関係上、
時々本体を外に出していたのだが、
店内外の気温差で、結露が生じて壊れたのかと思えば、
車に乗せていて、
落として、轢いた(!)とか。
以前にも、お客さんの車に乗せていて、
そのままお持ち帰りになったとか、
(途中で気がついて、
Uターンしてくださいました。)
いろいろと逸話を作ってくれるルーター。
いや、逸話を作るのは、A嬢か。
(12月19日)



クリスマスツリー その3

店内のクリスマスツリー。
今年は近場で手に入れた。
なので、伐採の手伝いはA嬢。
大きな木を切り倒すのだから、
倒れる方向も考えて、
コントロールしなければならない。
補佐に付いたA嬢。
結ばれたロープを「引っ張れ!」との指示に、
非力さを発揮!
おかげでツリーの先端となる枝が折れてしまったとか。
幸いにも、先端と出来る枝が2本あったので、
飾り付けに支障はなかった。
今年のツリーの写真を残しておけば、
あのときA嬢はな・・・と、
語り継がれるに違いない。
(12月19日)



パソコンの腕

さすがに、
A嬢がパソコンを扱うようになって数年経つと、
マスターの腕も上がるようで。
とりあえずパソコンを置いておくと、
自分で勝手に電源を入れて、
ちゃっちゃと天気予報をチェックするマスター。
以前は毎朝新聞の天気図を見て、
自分なりに予報していたが、
ネタの媒体は新聞からネットに移行した様子。
ついでにニュースもチェックして、
情報格差を縮めている。
パソコンの基本用語「クリック」「コピペ」などが
通じるかどうかは不明だが、
とりあえず、マスターのパソコンの腕は上がっている様子。
(12月27日)



看板

この暮れに
外の看板が新しくなった。
つやつやピカピカしている。
マスターらしいところは、
デザイン等、前と同じというところ。
革新的な考えだと、
この際、新しいデザインにして、
店の雰囲気も変えようかと思うところだが、
とんでもない!
出来るだけ変わらず、
何年ぶりに来ても、
変わらないなと感じる安心感。
まぁ単に、
デザインを考えたのするのを
マスターがめんどくさがっているという話しもあるが。
(12月27日)



2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 INDEX BEST

【管理人のページ】  【トップページ】