■ 2016年のエッセイ ■

2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 INDEX BEST
このサイトの管理人のページです。
思いつくままに、エッセイとして公開します。
もちろん、カモノセキャビン関係ですが、たまに違うこともあります。
なお、管理人宛に連絡をいただければ、
こちらで一部公開することもあります。

2016年1月のエッセイ

マスターの腕

マスターが、
ますますパソコンの腕を上げているらしい。
パソコンをセットするのはA嬢だが、
カモノセキャビンのFacebookページなど
まめにチェックされているとのこと。
そしてコメントを見つける度に、
A嬢が仕込みで忙しくても関係なく、
大きな声でA嬢に報告されているらしい。
そのせいか、この数日、
Facebookに長文が掲載されている。
「パソコン」「ネット」「Facebook」など、
遅ればせながらも、
IT系もこなるようになっている様子。
今年1年で、さらに腕を磨かれることだろう。
ちなみに現在、
マスターはかな入力もマスターしたらしい。
(1月1日)



あけましておめでとうこざいます

この年末はどか雪もなく、
比較的暖かい日が多かったようだ。
とはいえ、もちろん朝晩はマイナス温度で、
Facebook情報によると、
この元旦は、うっすら雪があったらしい。

昨年は大きな事故が多かったが、
今年はどうぞ、よい年でありますように。
(1月1日)



かわらないたたずまい

Facebookをのぞくと、
この正月、例年になく暖かい日和に恵まれ、
バイクを走らせて、
なつかしいお客様が数多くご来店下さった様子。
いつ行っても、変わらない雰囲気。

自分が一昔前に行っていた店でさえ、
久しぶりにその近辺に出かけても、
店どころか、建物さえ見あたらず、
がっくりする。
カモノセキャビンも、
細かいところはいろいろと変わっているのだが、
幸か不幸か、変えようのないログハウスと、
変える気のないマスターのおかけで、
開店以来30年以上(?)
昔のままで建っている。
店のアルバイターは、その時代時代で変わっても、
どんと居座るマスターは変わらない。
それでこそのカモノセキャビンである。
(1月12日)



10年ぶりのお客さん

阪神大震災からこっち、
久しぶりにお見えになったお客さん。
多分お客さんは、ドキドキしながらドアを開けられるだろう。
マスターは、パッと顔を見て、
自分、顔覚えてるわ、と声を掛ける。
若干半信半疑ながら、嬉しげな顔をして
10年ぶりですわと返すお客さん。
この店では、こういう場面が結構ある。
マスターの記憶力、
何十年ぶりだろうと、
話しているうちに、どんどん記憶がよみがえるマスター。
そして、懐かしい話とともに、
今どうしてるんやと、現代の話に続く。
覚えていてもらったお客さんも嬉しいし、
忘れずに来てくれたと、マスターも嬉しい。
そして店のお客さんは続く。
(1月12日)



消救車

ご存じだろうか? 消救車。
お客様が、見かけたことがあるとのこと。
消防車と救急車が、合体したものらしい。
この話はずいぶん前に聞いていたのだが、
ふと思い出して、ネットで調べてみた。
ありますねぇ、消救車!
トミカのミニカーも出ているのだから、
それなりにメジャーな様子。
とは言っても、そんなものは京都で見たことがないと思い、
さらに検索を続けると・・・
ありました!
なんと、京都市北消防署中川消防出張所に消救車が配備されたとの記事!
写真で見ると、
確かに、前部救急車。後部消防車、っぽい?
京都市消防局オリジナル仕様の特注だそうだ。
ただこの記事は、2007年4月撮影のもの。
今も配備されているのだろうか。
R162の旧道を通り、
中川を抜けたら、
どこかで見かけられるかもしれない。
(1月16日)



私事ですが・・・

自分の事務所のPC、
通常ダブルディスプレイにして、仕事をしている。
ところが、サブディスプレイがつかなくなった。
モニター1つだと、どうも効率が悪い。
いっそのこと、
3つくらいつけてしまおうか。
やっとパソコン操作に慣れてきたマスターには、
どこが便利なんだかわからん話し。
(1月16日)



情報発信

本領発揮の公式Facebook。
しかし情報発信には、やはり苦労されているそうだ。
ご存じのように店内は、
携帯の電波も届くかどうかの境界線。
あの辺りは光回線は届いていないし、
ネット接続は簡単ではない。
電波を拾いに、車で南に走っていくそうだ。
昨日20日は、電波を拾いに行ったものの
圧縮されてアイスバーン状になった雪で、
かなり危険な走行だったらしい。
凍った道路には、冬タイヤでも制御が難しい。
苦労して発信された情報をみると、
雪に埋もれたカモノセキャビンの写真が。
とうとうこの季節となりました。
お出かけの際には、
必ず事前に情報をキャッチするべし!
(1月21日)



ショウケース

意外と馴染んでいて気付かない方もおられると思うが、
昨年、ケーキを入れているショウケースが変わった。
今のものはライトがLEDで、
窓の外からでも、まるでイルミネーションのように、
きらきら輝いてみえる。
入れ物に合わせてか、
なかに入っているケーキも、
おしゃれに並べられ、
ケーキ屋のように見える。
少し都会的になった店内である。
(1月21日)



トイレ

普段何気なく見過ごしているもの。
その1つがトイレの屋根。
昨年だったか、
トイレの屋根に草が生えているのを見て、
ペンペン草か?と聞いてマスターに怒られたが、
今は草どころか、木が生えている!?
なんでも、タネが屋根に落ちて、育ったそうだが、
今は、杉とたらの木が育っている。
あまり育つと屋根が壊れるので、
時々伐採(?)しているらしい。
屋根の苔も、自然発生。
なかなか趣のある屋根になっている。
植物にご興味のある方は、
じっくりとご覧下さい。
(1月25日)



さすが!のカタログ

世の中、ネット社会となっても、
商品説明などのカタログは健在。
辺りを見回しても、いろいろなカタログがある。
カモノセキャビンでみかけたカタログ、
それは、『薪割機の総合カタログ』というものだった。
タイトルをみて、思わず手に取ったのは言うまでもない。
普段の生活では、考えにも及ばないカタログだが、
確かに林業に関わっていたら必要な機械だし、
このカモノセキャビンにあっても、
全くおかしくはない。
それにしても、
いろいろなカタログがあるものだと、
認識を改めた。
(1月25日)



2016年2月のエッセイ

リンゴのシフォンケーキ

久しぶりに訪れたら、
シフォンケーキの種類が、
また増えていた。
今度は、リンゴのシフォンケーキ。
リンゴといえば、
昔のカモノセケーキの定番、
リンゴのケーキ。
材料に使う種類のリンゴが手に入らなくなったこともあり、
もう作っておられないのだが、
久しぶりに、
ケーキにリンゴが再登場。
作るのが結構難しいらしいが、
生地全体にリンゴの香りが含まれ
コンポートになったリンゴが
どんと、入っている。
自分としては、
シフォンケーキの中では、
このリンゴのシフォンケーキが一番好みなのだが、
みなさんは、いかがだろう。
(2月1日)



鳴滝橋

Facebookで紹介されていた鳴滝橋。
次に通るときは、確認しようと思いつつ、
店に入って、A嬢から「鳴滝橋どうでした?」と聞かれ、
「あっ!!」
なんとまったく気づかず、
何気なく、さりげなく、
通過してしまったようだ。
「Facebookで見たし、
 ちゃんと確認しようと思ってたんやで!」
「覚えてたんやで! Facebookはちゃんとチェックしてるんやで!」
と、必死の弁解。
聞くと、
同じ事を答えた常連さんが、他にもおられるとのこと。
ほんに、なにげな〜く通り過ぎ、
まったく気付かんかった・・・。
(2月1日)



かちんうどん

A嬢から、かちんうどんってしってますかと聞かれた。
かちうどん?
聞いたことがない。
マスターも知らんらしい。
良く聞くと、力うどんのことらしい。
A嬢は餅入りうどんのことを、かちんうどんと言うらしい。
どこの方言?
力うどんを読み間違えたん違うかと尋ねたが、
そんなはずはないと、力説するA嬢。
しかしマスターと2人で聞いたことがないと言いつのると、
不安になって、ネットを検索された。
「かちんうどん」は近畿で言われていると書かれたページが出てきて、
たちまち強気に出たA嬢。
関西ではもちをかちんとよぶ、というページが出てくるに至って、
マスターと自分がもの知らずの立場に。
しかし関西に長く住んでいるが、
聞いたことがない・・・。
(2月11日)



マスターのごはん

度々登場するマスターの食事。
1回のごはんは約60gだったが、
最近はそれもない。
白いおマンマが食いたい。が、ギャグではなく、
野菜などのおかずのみで済ませているらしい。
A嬢がご飯をくわせてくれへん、と笑いながら言うマスター。
おかげで、すっかり引っ込んだ腹を示して、
どうや!と自慢顔。
どうやら食事制限は、ええことらしい。
(2月11日)



週休二日制

この冬期のみ、
カモノセキャビンでは、週休二日となる。
といっても、一日は仕入れや下ごしらえにかかるので、
実質休みは一日だけ。
しかも雪が降った日にゃ、
毎日雪かきをしなければならないので、
休みなぞ、あって無きがごとき。
日々労働にいそしんでいる、マスターとA嬢である。
それでも仕入れに市内に出れば、
よその(自分とこではない)喫茶店に入ったり、
以前はネットカフェに入ってみたりと、
休みの日をエンジョイしている様子。
世間とは時間の進み方が違う店内だが、
時々そうやって、
体内時計を都会風に巻き直し、
今日も仙人暮らしを続けるカモノセキャビンであった。
・・・続く。
(2月17日)



消救車 存在確認

以前ご紹介した消救車。
やはりここは、自分の目で確認してご報告せねばと思い、
中川トンネルではなく、
集落の方を通ってきた。
ありました!
消防署の車庫に、
普通の消防車と並んで、
消救車が停まってました!
どなたかのサイトに載っていた、
そのままの姿で!
きっとあれから、
いろいろな場面でお役に立てているのだろう。
(2月17日)



歳経てきたトト

お客が来ると、姿を消すというトト。
愛想のないヤツでごめんな、とマスターが言うが、
さすがに歳を経てきて、
すこぉし慣れてきたような。
前は近付いただけで、
脱兎のごとく逃げていたのが、
とりあえず、手を伸ばしても逃げなくなった。
まだまだおとなしく抱きかかえさせてはくれないが、
逃げるのが面倒になったのか、
たまたま、機嫌が良かったのか。
まぁ、最終的には逃げてしまうのだが、
防御エリアは少し縮まったような気がする。
早くしっぽが二股にならないか、
心待ちにしている。
(2月23日)



鹿の家族連れ

先日カモノセキャビンの帰り、
カモノセログの北側で、
視界を横切った鹿。
こりゃ、道に飛び出してくるなと思い、
ブレーキを踏んで速度をゆるめる。
案の定、飛び出してきたが、
その後ろから少し小さめの鹿が続く。
2匹かと思えば、少し遅れて子鹿が飛び出す。
どうも家族だったようだ。
最後の子鹿はこちらも確認が遅れ、
(前の2匹に目を奪われていた)
結構近くまで寄ってしまったが、
相変わらず鹿というやつは賢くない。
わざわざ車の前に飛び出さなくても良いものを。
あたったら、こちらの被害も大きいし、
せめて猫並みには避けてくれたらよいのに。
(2月23日)



ネコ型クッキー

昨年、なかなか好評を博した手作りクッキー。
最近はセットの中に、必ずネコ型クッキーが入っているとのこと。
(現在はくま型もあり。) テーブルに置いてある商品を見ると、
確かに、通常より大きめの、
ネコ型クッキーが。
ネコ型は2種類あるのだが、
片方は、とてもかわいく、
わ、ネコや!と声を上げるほど。
ただ、もう一方は・・・。
片方のクッキーだけほめていたら、
マスターがA嬢を気にして、
両方かわいいやろと横から声をかける。
うーん、多分もともとネコの形なのだろうが、
型に若干問題があるような。
これは、A嬢の腕の問題ではない。
(2月29日)



2016年3月のエッセイ

手作りメニュー

カモノセキャビンでは、
冷凍物を仕入れてのメニューはない。
すべて手作りである。
この数年、特に手作りメニューが増えている。
ケーキはもちろんのこと、
クッキーにヨーグルト。
モーニングの時に変更可能なバターロール。
すべて自家製だ。
冷凍物で、トンカツとかうどんとか、
提供しても良さそうなものだが、
そこはマスターの信念、
メニューを増やすのはめんどくさい、の一言で
却下されている。
なので、こごては、
定番の喫茶店メニューである、
スパゲティや焼きめし、ホットケーキなどはない。
あるのは、手作りカレーや、
これで1人分か!?と思うような、サンドイッチ。
変な添加物など入ってないので、
安心して食せること間違いなし。
(3月11日)



もう春

今年も冬がゆく。
店が雪で埋もれる日は、
年々少なくなるようだ。
Facebookで道路情報など発信していたが、
結構発信には苦労されていたらしい。
やはりあの場所では、
電波を拾うのは大変な様子。
天候にもよるのだろうか。
太陽の黒点の影響もあるのかもしれない???
(3月11日)



冬期カレンダー終了

ご存じカモノセキャビンでは、
冬期は木・金を定休日としている。
今年の冬期定休は、今日明日で終わり。
来週からは、通常の週1回の休みとなる。
今年の雪は少なかったように思う。
店のまわりを取り囲んでいた薪も
ずいぶん減った。
さぁ、この連休からは、春!
(3月17日)



不思議な工事中

川端通りの南の方で
不思議体験。
「徐行」という看板と共に立つ、交通誘導員。
近くに工事現場はなく、
単に誘導員が赤色の棒を揺らしているだけ。
しかも数十メートルおいて、
もうひとり。
最初は工事で交互に通行しているのかと思ったが、
まったく何にもない。
もしかしたら、嫌がらせ?
いやいや、
飛ばす車がいるのだろう。
注意して、交通安全!
(3月17日)



季節は春!
屋内にいる方が寒いくらいだが、
カモノセキャビンの店内では、
まだまだストーブが活躍中!
京都市内の桜は咲きはじめたようだが、
店の桜はまだつぼみ固し。
しかし春の使者、カメムシは活動を開始し、
ぶんぶん飛び回っている。
またしばらくは、
「薪割り仙人」から「カメ取り仙人」に
変身の様子。
がんばれ、マスター!
(3月31日)



壊し屋?

しばらく顔を見せなかったボランティアさん。
先日連休に、東北の方まで出かけていたらしい。
見知らぬ土地で、買ったばかりのナビが壊れ、
とても困ったらしいが、
後日談もあると聞く。
戻ってからナビの修理にディーラーに行ったら、
その店のトイレの洗浄機が壊れ、
(無線で操作するタイプだったらしい。)
次には仕事場のパソコンが、
ある特定のスタッフのデータだけが無くなっていて、
一日がかりで復旧し、
ついでにプリンタまで調子が悪くなったとか。
福島原発脇の国道6号線、
やっと通行(車両の通り抜けのみ)可能になっていて、
たまたまそこを3回通り抜けたらしいが、
ナビが壊れたのはその直後。
そこに何か、意味があるのだろうか。
(3月31日)



2016年4月のエッセイ

さ・く・ら シフォンケーキ

季節限定メニュー、
桜シフォンケーキ
ほんのりピンクの優しい色合いで、
ほのかな甘みと、その奥にある塩味。
この取り合わせは、桜餅?
いやいや、いっしょにしてはいけない。
出来ればお日様の下で、
桜を愛でながらこの桜シフォンをいただきたい。
ぜひ、この色合いも楽しんで欲しい。
カモノセキャビンの桜は今から。
桜シフォンも、ゴールデンウィーク頃までは販売予定。
まだまだ味わうチャンス有り!
(4月5日)



桜前線

市内はほぼ、咲いているようだが、
高雄は、ツツジが全盛。
御経坂北側の民家の桜はまだだし、
笠トンネル北側出口の桜のトンネルも、
まったく花の姿はない。
道脇は、たまに民家の桜だろうか、
咲いている木もあるようだが、
カモノセキャビンの桜は、まだこれから。
市内で桜を見逃されたら、
一呼吸置いて、
カモノセキャビンの桜を見にお越しください。
毎年結構見事に咲いてます。
(4月5日)



いちごのシフォンケーキ

桜シフォンケーキと共に、
季節限定メニューのいちごシフォンケーキ。 こちらも新作で、
フレッシュなイチゴが原材料。
決して、イチゴジャムなどの二次製品を使っているわけではない。
なので、手間もかかるのだが、
A嬢は楽しんで作っている様子。
イチゴの甘さを楽しめるシフォンケーキとなっているらしい。
(まだ試食をさせてもらえていない。)
こちらもぜひ、お試しを。
(4月8日)



耕耘機展示会

いや、実際に立ち寄ったわけではないので、
本当かどうかはわからない。
しかし、テントと幟と
耕耘機が何台もならび、
きっと、展示会だと思う。
R162脇の広場で開催されていた。
なるほど、使用する場所の近くで開催するのが、
一番の宣伝。
自分にはめずらしい光景だったので、
ちょっと一言。
(4月8日)



桜満開

Faccebookをご覧になっている方かご存じだろうが、
今、カモノセキャビンも桜が満開。
そしてR162沿いも、
桜が綺麗に咲いている。
高雄はツツジと何の花かわからないが、
濃い紫と薄ピンクが混じり、
綺麗なコントラストが出来ているし、
笠トンネルを越えたところも、
桜のトンネルが出来ている。
今、京北へ向かう道も、
桜が見頃。
(4月12日)



カモノセキャビンの国際化<マスターの英語>

数年前から、爆買いとか
海外からの旅行者の話が、よくニュースになっていたが、
ここ、カモノセキャビンでも、
国際化(?)が進んでいるらしい。
昨年だか、一昨年だか、マスターが
来店された中国人観光客のマナーの悪さを嘆いておられたが、
最近のお客様は非常に質が良く、
関空でレンタカーを借り、
美山の茅葺きの里などへの観光途中に、
カモノセキャビンに立ち寄られるとか。
台湾、マレーシア、オーストラリア・・・と、
いろんな国の方々が、
来店される。
そして対応するのは、もちろんマスター!
いちぢくケーキの説明が、
"The Cake, Japanese name 'ICHIJIKU cake'"とか、
ボディーランゲージと中学校程度の単語を並べ立て、
片言で会話をされている。
もちろんお帰りになるときには、
"Bye!"とか"See you again!"など、
お声をおかけしているらしい。
今度は、
"Have a good trip"とか、"Have a nice day"という声かけも
お教えしておこう。
(4月12日)



国際メニュー その1

以前から気になりつつ、
来店される海外の方は、日本人連ればかりだったので、
延び延びになっていた、英語メニュー。
本格的に、必要になってきたようだ。
昔考えたときも、
『カレー』が、"rice curry"か"curry on rice"か、はたまた"rice with curry"の方がよいか、
この時点で詰まってしまい、
それから数年経った今も、
一歩も進んでいなかった。
しかし肩から力を抜いて、
笑いとともに通じればよいと考えれば、
すぐに作れそうだ。
次回皆様がご来店されるまでには・・・・
無理無理(笑)
(4月12日)



カモノセキャビンの国際化<結婚写真>

最近は、遠いバングラディシュからのお客様も、
時々来店されるとのことだが、
先日は、ウェディングドレスを来た方が!
台湾の方だそうだが、
何でもかの国では、
結婚式の日に、
二人の写真を配られるらしい。
その写真撮影に、
ウェディングドレスに身を包んだ花嫁さんと花婿さんが
来店されたとのこと。
しかも、4組!
もちろんコーディネーターがいて、
事前に下見もされた上でのことだが、
台湾の方々の間に、
幸せに微笑むお二人のバックに写る
カモノセキャビンの写真が保管されると思うと、
関係ない自分まで、
なんか背中がこそばくなる。
(4月18日)



国際メニュー その2

ある程度のものが出来たので、
マスターにチェックを頼んだ。
マスター曰く、
英語の横に、日本語も付けてくれ、と。
確かに、気になりましたわ。
わかりにくいもの(アメリカンコーヒー)とかは、
違う表現になっているし、
カッコ書きは付けておいたが、
どちらにしろ英語表記では、
ぱっと見てもわからない。
仮に指でメニューを指されても、
一目で理解とはいかないだろう。
マスター曰く、
おしゃれでなくて良い。無骨でええから、
1枚もので、
パッと渡せるものがええ。
もちろん、ご注文に応じますよ。
1枚ものの、びらっとしたやつ。
作成中!
(4月18日)



2016年5月のエッセイ

ゴールデンウィーク突入

今年のゴールデンウィーク、
うまくすれば、十連休。
3分の1が過ぎたところだが、
いかがお過ごしだろうか。
自分は連休とは名ばかりで、
仕事に明け暮れている。
せっかくの休みだし、
遠出したいものだが、
どこに行っても人が多いと思うと、
つい億劫になる。
そう言う方は、
カモノセキャビンでしばしの憩いを。
今年の山菜も(マスターが頑張って採ってきた)
皆様の『ほっこり』をお手伝いします。
(5月1日)



オートライト

少し前に新聞に載っていたようだが、
暗くなると自動で点灯する「オートライト」が、
車の設備として義務付けになるとか。
ヘッドライトは自分が前方を見るのはもちろんだが、
まわりの人に、
自分の存在をアピールする目的も大きい。
なので、日が暮れていなくても、
山かげの暗いところを走るときとか、
木の生い茂る日が差しにくい道を走るときなど、
基本的には、点灯するべき。
ところが最近は、
夜間でもヘッドライトを付けずに走る車を見かける。
街中なので、自分は外がよく見えるかもしれないが、
こちらは、街灯の中から突然車が飛び出してきて、
びっくりすることがある。
義務化は良いのだが、
ハンドルキーパーの方の意識の改善もお願いしたい。
(5月1日)



渋滞対策

ゴールデンウィークも、もう終わり。
あとは帰宅する車のラッシュのみ。
さて渋滞対策、
皆様はどのような対応をされているだろう。
何年か前までは、
早朝や深夜の移動にスイッチすることで、
渋滞を避けられたが、
今は朝7時、夜11時でも避けられない。
あきらめて、渋滞に入ってからの対策を考えた方がよい。
自分の場合、
時間的余裕・・・急ぐ気持ちではイライラする。
トイレ・・・・渋滞に入ってからだと、どうにもこうにも。
水と菓子・・・ペットボトルの水。運転席近くに飴とガム。
環境・・・ヒーリング系もしくは好きなジャンルのCD。
その他、あまりに続く渋滞を見つけたら、
その手前で高速を降りて、
一般道をのんびり走る。
かなり回り道になっても、
景色を楽しんだり、道の駅に立ち寄ったり。
最近のナビは優秀なので、
どの道を選ぼうが
きちんと目的地まで案内してくれる。
これで、気持ちにゆとりを持って、
渋滞回避。
(5月5日)



従業員の高齢化(笑)

最近は高齢化が進み、
通常サイズのメニューが見にくいらしく、
スタッフ用のビッグサイズのメニューが
カウンターに貼ってある。
しゃあないよなぁと笑っていたら、
調理用の温度計の目盛りが見にくいといって、
「多分○度くらい」って言いながら、
別のスタッフにバトンタッチしていた。
そういえば、
室温計はおしゃれなのや、
字が大きいモノとかあるが、
調理用機材では、
あまりその手のモノは見た覚えがない。
みなさん、経験と勘に頼っているのだろうか。
字の大きな計量カップ、
目盛りがはっきり読める温度計、
どこかで見かけたら、
ご一報いただいたら嬉しいかも。
(5月5日)



交通安全パトロール

相変わらず事故が多いようで、
カモノセキャビンへの道も、
スピード違反取り締まりや、
パトカーや白バイのパトロールなど、
盛んに行われている。
もちろん『警察官立寄処』のカモノセキャビンにも、
パトカーや白バイが停まっていることもある。
道の駅でもパトロールが入り、
安全運転の啓発活動が行われている。
白バイと記念写真や、
交通機動隊といろいろ話せるなど、
非日常を楽しめる。
ここのところ、毎年寄付(?)をしている自分だが、
今度チャンスがあれば、
日頃感じている疑問など、
気軽に聞いてみようかと思う。
(5月9日)



日常への復帰

マスターにとっては、
4月23日からの恐怖の13連続営業+2日の
ゴールデンウィークが終わった。
さすがにお疲れになったことと思う。
多分予定では、
久しぶりの休日である6日に
煙突掃除をされたと思う。
昔は筋骨隆々(今は?)とのことだが
薪割りに雪かき、
合間に山菜採りや煙突・ストーブの管理など
相変わらずの活動量には、頭が下がる。
しばらくは、週1回の休みに身体を休め
体調にご自愛いただきたい。
(5月9日)



ハッピー マスター

今年も無事、
誕生日を迎えられたマスター。
御年6十ン歳になられた。
ボランティアスタッフの方が、
ケーキを持って、駆けつけたとか。
えっ?バイクで!?
そう!
たださすがにホールケーキではなく、
転がっても良いロールケーキだったそうだ。
ろうそくを立てたかどうかは、
確認していない。
(5月16日)



残念なことに

このゴールデンウィーク、
皆様それぞれにご注意いただき、
また京都府警のパトロールの甲斐もあって、
この近辺、無事故だったそうだ。
しかしホッとするまもなく、
一昨日だか、名田庄の方で
バイクの事故があったとの話が伝わってきている。
昨日は葵祭。
市内は込んでいたと思うが
R162では、結構飛ばすバイクが多いように見受ける。
気候も良く、気分はぶっ飛び加減だが、
こういうときこそ、
一段とご注意を。
(5月16日)



いちごのシフォンケーキ

本エッセイで公開したが、
縁の無かったイチゴシフォン。
一ヶ月経って、 そのエッセイを覚えていたA嬢より、
「ぜひ食べてご感想を!」と、
一人分いただいた。
う〜ん、さすがに美味しい。
生のイチゴをそのまま材料としているので、
イチゴのつぶつぶと、
ほのかな甘さが口に広がる。
甘党かつ辛党の自分としても、
この味には大満足!
イチゴが旬を過ぎたら、
このイチゴシフォンも一休みとなる。
味見をしたい方は、今のうち。
(5月19日)



往年のライダーたち

たまたまなのか、最近の傾向なのか
このところ、若いバイク乗りが少ないような。
先日の日曜日も、
往年のバイク乗りが
次々と来店。
マスターと、昔話を始める。
若い頃走り回っていて、
環境変化にも負けず、
ずっとバイクから離れずにいた方。
生活環境の変化でいったんバイクから離れ、
ある程度の年齢で復帰された方。
その状況は様々だが、
店内に入ってこられる表情を拝見していると、
みなさんそろって、明るくきらきらしておられる。
車と違い、直接外気に身体がふれるバイクは、
危険度も高い。
それでも、この心地よさは、何物にも代え難い。
別に『命を賭ける』なんて毎回考えて乗るわけではないが、
『賭ける』『駆ける』『駈ける』『翔る』・・・。
やはりバイクに乗り続けるライダーには、
心の飛翔が感じられるのでは。
(5月19日)



地球の天気はマスターが決める!

地球温暖化で、
どんどん気温が高くなっている。
数年前までは、冬のどか雪で、
雪かきが大変だった。
ここ何年かは雪自体が少なく、
マスターの高齢化に伴い、
雪かきが減るとずいぶん助かる。
これはきっと、
マスターが天気を決めているに違いない。
きっと、ちょっと疲れたときは、
雨雲を呼んで、
出かける人を減らすとか、
元気でやる気満々の時は、
ピーカンの晴天にしてるとか。
ふとそんなことを思いついた、今日でした。
(5月28日)



八丁林道

昔ほどの面白味はなくなった八丁林道だが、
近場で行けるの林道としては、
まだ健在で、
先日も、十台を超えるオフロードが、
走り抜けていた。
近年まれに見る台数のバイクに、
懐かしさを感じたのは、
自分だけではないと思う。
もしかしたら、オフロード講習とかしていたのか。
この数年、土砂災害に苦しめられた林道だが、
先月からやっと通り抜けられるようになったようで、
近いうちに、走りたいとは思うのだが。
我が愛車が不調・・・。
(5月28日)



2016年6月のエッセイ

民泊

市内では、民泊が大流行で、
うまく運営されているところなら良いのだが、
こちらの耳に入ってくるのは、
近所で問題を発生させているということばかり。
観光客とホテルの絶対数が違うし、
問題は宿泊者ではなく、
運営する側だと考えているので、
個人的には、そう反対するわけではないのだが・・・。
しかしながら、
この京北の地にも民泊があると聞いて、
少々驚いた。
こんな不便なところに泊まって、
どうする気なのやら。
何でも最近は、
都会ではなく、
『日本の田舎暮らし』にあこがれる
特にヨーロッパ系の方が、
京北の方に来られるらしい。
"Have a nice day !"
余計なトラブルが起こらないようにと
願いつつ。
(6月10日)



エコ運転

自分の車は普通に走るとリッター17〜18くらいだが、
先日はよほどのんびり走ったのか、
リッター28.5キロを記録した。
渋滞対策と同様、ゆっくりのんびりが、
エコと同時に、強制寄付をしなくても済む
コツかもしれない。
梅雨には入ってしまったが、天気が良いと、
燃えるように緑が萌え立つ景色が目に飛び込み、
目にも心にも
新風が流れ込む。
これはええわ!
(6月10日)



お知らせ

少し前から、
トップページのカウンターに
『本日の累計』を入れてみた。
出来合いのなので、
それほど豊富にデザインがあるわけではなく、
一番違和感のないデザインを選んだつもりだが、
残念なことに、あまりよく見えないらしい。
まぁ、自分でも、
目をこらさないとわかりにくくもあったので、
本日、変更してみた。
これでいかがだろう。
(6月10日)



ちくり

パソコンの前に座り、
何かごそごそしているマスター。
斜め後ろから見ると、
どうも口元が動いている。
あらら、せっかくの食事制限。
おやつはまずいんじゃないかと話そうとしたら、
言ったらあかん!とマスターをかばうボランティアさん。
そうか、A嬢には内緒か!
しかしそこはA嬢。
カウンターの中で仕事をしているにも関わらず、
しっかりチェックが入っていた。
何でわかるんやと問うマスターに、
がさごそと、袋の音がしていたとA嬢。
さすが!
(6月15日)



エコ運転 続き

前回に続き、
また燃費が良くなった。
なんと、30.2!!
いや、いくら何でも、これはウソだろう!?
さすがに、カタログを調べてみたら、
カタログ値27.2。
すでに気が付いたときから、
カタログ値を越えている。
27.5,28.2,そしてとうとう30越え!
自分の車は、日々進化している!?
(6月15日)



次のケーキ

今回は、ケーキネタ2点。
今月下旬に、
新鮮なブルーべーリーが店に届けられる。
聞くところによると、マジの産地直送。
もちろん、使用目的も既に決定済みで、
ブルーベリーシフォンケーキが登場する。
おそらく6月末頃か、7月始めには、
季節限定メニューで販売が開始される予定。
準備が出来れば、
公式Facebookに掲載されるので、
食べたい方は、
Facebookを要チェック!
(6月20日)



スフレチーズケーキ

カモノセキャビンの手作りケーキに
定番のチーズケーキがある。
どっしりと重厚で、
1つ食べれば、食事抜きでも大丈夫!
材料は、もちろんマスターこだわりのチーズ。
このほど、
夏に向けてもう少し軽いものをと、
A嬢の焼くスフレチーズケーキが登場した。
ベースは同じ、マスターこだわりのチーズ。
一口食べた感触は、定番のチーズケーキと同じだか、
新作は、ケーキが軽く口に広がり、
また違う感じで楽しめる。
確かに夏場はこちらの方が良いかも。
そうです!
今回は早々に、試食させていただきました!
とても美味しかった!

(6月20日)



2016年7月のエッセイ

ブルーベリーシフォンケーキ

先月予告していたブルーベリーのシフォンケーキ、
この度、販売を開始した。
産地直送のブルーベリーが、
甘酸っぱい味を提供しているとのこと。
さてこの季節限定のシフォンケーキは、
自分の口に入るだろうか・・・。
店庭で収穫のラズベリークッキーは、
残り少ないとのことだし、
両方予約しておこうと思う。
すべて手作りで、
一応きらさないように用意はされているが、
是非にという方は、
在庫をお問い合せ下さい。
(7月1日)



忘れ物

お客さんのではない。
マスターの忘れ物。
店を出るとき、じゃあ!と言って、
クラクションを数回鳴らし、
走り去っていったマスター。
残された自分たちは、
身内でだらだらしていたら、
突然開けられたドア!
そこには、出かけたはずのマスターが!
「時計とミサンガを忘れた!」と。
A嬢とマスターが二人であちこち探すのだが、見つからない。
結局、チラシか何かの下に隠れていたようだが、
マスターは「隠したやろ」とA嬢に言い、
A嬢は「私じゃない」と応え、
まるで漫才のようなやりとり。
もちろん自分は知らん顔して、
笑いをこらえていたのは内緒だ。
(7月1日)



ブルーベリーシフォンケーキ 2種

季節限定のブルーベリーシフォンケーキ、
今回は、2種類が用意されている。
1つは他のシフォンケーキと同じ、
全体にブルーベリーを混ぜたもの。
シフォンケーキならではのふんわり感が最高!
もう1つは、生地がマーブル状になったもの。
しっとり感があり、よりブルーベリーの甘酸っぱさが強調される。
両方使用するブルーベリーの量は同じだが、
製法が若干違う。
どちらがいいかは好みによる。
自分としては・・・。
さて、お勧めはどちらだろう。
(7月9日)



アクセス数

自分はあまりFacebookに詳しくないのだが、
Facebookの管理者には、各記事のリーチ数が確認出来る。
実はマスター、
このリーチの数を、とても楽しみにしている。
Facebookを見ては、今○○と、数を読み上げている。
さてこのリーチ、
マスターのチェーンソーの話しでは1700を越えた。
ケーキネタの場合は、1000から1500。
以前は、トトネタに負けたと悔しがっていたマスターだが、
現在は大満足の様子。
皆様、リーチ数アップにご協力下さい(笑)
(7月9日)



今年の盆休み

盆と正月くらいしか帰郷できない常連さん。
仕事の都合で、なかなか休みの取れないお客さん。
そう言う方たち皆さんにも、
カモノセキャビンにお越しいただくために、
営業努力も怠らず、
毎年、カレンダーとにらめっこで、
休みの日を決める。
定休日を絡ませ、
お客さんのお気持ち(?)も考慮し、
最後に自分たちの予定を組み込む。
今年は、8月17日からの三日間。
お盆休みをいただきます。
(7月12日)



ロマンチックマスター

カモノセキャビンの庭に咲く
合歓(ねむ)の木の花。
マスターは、「天使の羽衣」とよんでいると聞く。
天使の「羽衣」?
天使なら「羽」だし、「羽衣」は天女では?
まぁ見た感じ、「天使」の「羽衣」っぽいとも思える。
その辺の命名が、マスターらしい。
(7月12日)



カモノセキャビンの現在

京都も梅雨が明けたが、
カモノセキャビンの朝は、
まだ20度前後。
ストーブも、ことことと燃やしている。
昼間はさすがに気温も上がるが、
まだクーラーは登場していない。
せいぜい窓際のサーキュレーターが回っている程度。
とはいえ、もうぼちぼち、
ストーブも片付ける季節。
カモノセキャビンの夏が来る。
(7月19日)



ボランティアスタッフの独り言

この祝日の月曜日、
たまたまボランティアスタッフさんが2人揃った。
別に呼ばれたわけではなく、
ご機嫌伺いのようなつもりで、
2人とも来店は午後。
聞くところによると、
ボランティアさんが顔を出す少し前まで、
お客さんが続いていたとのこと。
その後夕方までは、
来店客は、ポツポツと。
2人のボランティアさんは、
顔を見合わせて、
「もしかして、自分らって疫病神?」
夕方には、
今日はゆっくりさせてもぅて。と言いながら、
ボランティアさんは、帰って行った。
まぁ、たまにはこんな時間が流れるのも良いかと。
(7月19日)



やんちゃバイク

季節が良くなってきたのか、
単にバイク乗りが増えてきた年回りのせいなのか、
最近R162でも、
やんちゃなバイク乗りが増えていると聞く。
「やんちゃ」といっても、
昔のように、かわいい「やんちゃ」ではない。
どちらかというと、「むちゃ」である。
自分の力量を過信して、
走る、飛ばす。
また、ギャラリーもいるそうで、
つられて、余計に無茶をする。
先日も、R162の北の方で、
事故があった。
やんちゃむちゃを経由して無理に至る。
それでも命があれば良いのだが、
「むちゃ」に命を捧げることはないと思う。
今年に入ってから、もう数件の取り返しのつかない事故。
「やんちゃ」するなら、かわいくお願いしたい。
(7月22日)



トイレのご利用

昔の日本家屋のように
カモノセキャビンのトイレは、屋外にある。
もちろん水洗ではなく、
昔ながらのポットンスタイル。
初めてご来店の方は、
トイレにびびるかもしれない。
最近では、和式では用を足せないお子もいるとか。
さてこのトイレ、お店の一部だが、
通りすがりの方が、利用されることもある。
もちろん普通の方は、
一言声をかけてからご利用されるが、
中にはまったく無視をして、
勝手に利用。勝手に帰って行く人もいる。
ここは、道の駅ではない。
一声かけてさえいただければ、
こちらも気持ちよくお貸しできる。
お互い気持ちよくなれば、
地球の未来も明るい。
なんか、公共広告・機・構・のコマーシャルのようだが、
どうぞお互い、イヤな思いをせずに生きていきたい。
(7月22日)



クルミ

血圧降下、栄養満点・・・と、
最近マスターが凝っているのが、
クルミ。
朝と夕方、食事前に、
1つずつ食べるのが日課らしい。
時間になると、A嬢が袋を取り出し、
マスターの差し出された手に、
ちょこんと、クルミを1粒のせる。
その様子は、
さながら、餌をもらう○○のよう。
(○○は、お好きなモノをお入れください。)
(7月28日)



散髪

女性の場合、
美容院では時間がかかる。
カット、シャンプー、染めるのも入れると2時間とか。
その点マスターは、
カット、シャンプー、ひげ剃りも入れて
20分で終わるらしい。
頭頂部のカットは、
理容師の方がかなり気を遣われている。
マスターの方が気にして、
かまへんから、ちゃっちゃと切ってしもて。
と、声をかけているらしい。
昔はマスターも自宅でカットされていたが、
何年か前から、『マスターとしての自覚』が芽生え、
プロにカットしてもらわんとあかんと思いだしたらしく、
行きつけの理容室に定期的に行かれている。
たまにしか会わないと、
いつ散髪されたのか気がつかないが、
『マスターの自覚』を観察するのも面白い。
(7月28日)



2016年8月のエッセイ

今日の運勢

カモノセキャビンの砂糖入れには、
湿気予防にコーヒー豆を入れている。
カモノセキャビンに通ってン十年、
一度も当たりがなかったが、
先日初めて大当たり!
砂糖入れの中のコーヒー豆が、
コーヒーカップにポロリ。
え〜!?とマスターに言うと、
当たりやな!と返された。
年に1回か2回、
コーヒー豆が入ることがあるらしい。
それは幸運の印???
(8月3日)



ポケモンGo

ちまたで評判のポケモンGo、
ポケモンの出現場所は、誰が決めるのか。
地方は少なく、都会は多いと聞く。
もちろんその前提は、
携帯電波などが入ること。
つまりカモノセキャビンなどでは、
まず絶対に出現しないということ。
カモノセキャビンでは、
お越しになった皆様が、
心ゆくまで寛いでいただけるよう、
日々努力しております。
って、田舎で、特に何も手を入れていないと言うだけ?
(8月3日)



虫取りマスター

季節になると、
カメ取り仙人になるマスターだが、
この季節は、
店内で虫取り網を振り回している。
捕らえるものは、蜂かアブ。
どちらも、時々店内に遊びに来る。
そして、マスターが虫取り網を取り出す。
マスターの虫取りも、うまいものだ。
パサッと虫にかぶせ、
クルッと網をひねって、逃げられないようにする。
マスターは、通常Tシャツかランニング姿。
網をもって虫を追う姿は、
どこぞの腕白坊主の姿そのままじゃないか!
今の姿を想像してはいけない。
言葉だけで、昔の姿を想像してみる。
だが、どうしても頭は今のマスター!?
(8月16日)



マスターチェック

Facebookのチェックは、
マスターの役目だが、
「いいね」の数だけではなく、
あ、○○さん、元気にしてるみたいやなとか、
最近、△□さん登場せぇへんけど、元気なんやろか、とか
気にかけているらしい。
店に顔を出される方だけではなく、
Facebookを通して、
いろんな方と繋がるという、
SNSを見事に(?)使いこなしている様子。
お忙しくて来店いただけない方も、
よければFacebookで「いいね!」してみてください。
(8月16日)



天使の羽衣

7月12日に「天使の羽衣」ネタを載せたが、
実はマスターもA嬢も、
なんの違和感も感じなかったらしい。
ホームページをご覧になって
(Facebookから拾ったネタなので)
初めて、
天使には羽衣はないと
気がつかれたらしい。
それでも聞くと、
いやいや、ちゃんとわかってたでと、
うそぶくマスター。
最近の天使は、羽衣を使って飛ぶらしい。
きっと、カモノセ仕様だろう。
(8月28日)



マスターの情報収集

ずいぶんパソコンの操作に慣れたマスター。
最近は文字打ちではなく、
ネットサーフィンを楽しんでいるらしい。
ネットで1つのニュースが目にはいると、
それに関連した記事や、
面白そうな記事が、次々と目にはいる。
そうして暇なときは、
1時間くらい、パソコンの前に座っているそうだ。
マスターの情報収集は、以前は新聞とお客様からの伝聞。
天気予報はもっぱら電話だったが、
最近は、ネットからの情報が増えている。
何か大きなニュースがあっても、
ママさんや常連さんが電話を入れなくても、
自分で見つけている様子。
とはいえ、ニュース速報を見るようにはいかないか。
(8月28日)



2016年9月のエッセイ

マスターだけでなく

Facebookをご覧になった方は、
お気付きだろう。
マスターだけでなく、
A嬢もITの技術がどんどん向上している。
今度は、動画がアップされた。
マスターの勇姿(?)もさることながら、
動画を撮ってアップするという、
このこと自体に目を見張る。
動画の最後が倒れてくる木を避けるためか、
取っている人のあわてぶりが少々・・・。
(9月2日)



ストーブの時期

今年は8月28日に、
ストーブが登場した。
だいたいカモノセキャビンの『夏』は、
2ヶ月くらいあったはずだが、
年々、短くなる。
聞くと、
昨年は8月最終日に、
ストーブを出したとか。
リアルに、夏が短くなっている。
といっても、昼間は暑く、
朝晩は急激に冷え込むという、
砂漠気候。
そのためか、
まだスポットクーラーは、
夏の定位置に置かれたまま。
めずらしい景色だが、
これも定番になるのかもしれない。
(9月2日)



バターロール

裏メニューというか、
トーストの代わりにできるバターロールが
とても美味しい。
A嬢がコツコツと焼いている。
焼いたものは、ほぼ全てご注文に提供されるが、
時々、形のあまり良くないものが、
賄い用として、自分たちの口に入る。
もちろん、ありがたぁくいただく。
市販のものよりふっくらとしていて、
優しい味わいがする。
 ※個人の感想です(笑)
(9月6日)



ネズミ対策

私事になるが、
最近自宅にネズミが出て、困っている。
非常食のカップラーメンはかじられる。
サイコロキャラメルも、箱ごとかじられた。
知り合いから聞いて、
殺鼠剤を置いたり、
ネズミの嫌いな電波を出す機械を購入したり、
さらには一晩中電気を付けっぱなしにしたりするが、
殺鼠剤は、いつまでたってもそのまま放置されているし、
電波の機械は、その前を平気で走り回っているし、
部屋の電気がついていようが、関係なく遊んでいる。
わさびなどの刺激的な芳香でネズミが来ないようにするやつは、
刺激的すぎて、人間まで逃げ出したくなる始末。
マスターに、トトの貸出を依頼してみたが、
トトの方が逃げ出すんちゃうかと言われ、
実現には至っていない。
いっそのこと、
ウォルトディズニーを気取って、
ネズミと仲良くなってみようかと思う、今日この頃。
(9月6日)



とちの実

今年は、というか今年も
とちの実が豊富になっている。
商品に利用できないかと、
ママさんやA嬢が、挑戦しているという。
拾うのはマスター、活用するのはA嬢。
商品となるものが出来るかどうか、
構想○ヶ月、制作一日?
おそらく商品化の前には賄いで出ると思われるので、
とても、楽しみにしている。
(9月16日)



女優トト

ある日、
某社から取材の申込があった。
カモノセキャビンは、それなりに有名で、
今までにも何度か取材を受けてきたが、
今回の取材相手は、トト!
なんでも、店にいるペットを特集するらしい。
取材申込を受けたマスターは、
トトにお伺いを立て、
某日、無事に取材が行われた。
トトは女優の貫禄で、
とても愛想良く、取材に応じたらしい。
さて、どんな記事になっているのやら。
(9月16日)



大量のとちの実

よく知らないのだが、
とちの実はあく抜きをするため、
拾ってすぐに水に漬けておくのだとか。
今、店やらご自宅で、
大量のとちの実が、水に漬けられている。
おそらくその次は、皮をむき、
細かく刻むのかすりつぶすのか。
まだ何が出来るのか聞いてないが、
ありきたりの団子では無いはず。
いつ試作ができるのか、とても楽しみにしている。
(9月20日)



大きな字のメニュー

最近英語メニューが出来たが、
今度は、デカ字メニューが登場する。
きっかけは、お客様の「メニューの字が小さくてみえない」の一言。
だいたいにしてスタッフの高齢化が進み、
スタッフ用メニューはすでにデカ文字。
なら、お客さん用にもと、
デカ字メニューを用意した。
必要な方は、スタッフにお声がけください。
(9月20日)



この連休

この秋の連休、
前半は台風で客足が途絶え、
マスターはパソコンでニュースチェックに余念がない。
たまたま出かけていくと、
「みてみ、これでは誰も来んわ」
といって、雨雲の流れのムービーを見せられた。
ますますネットの腕が上がるマスター。
ちなみに、ワードやエクセルが使えるわけではないので、
店の集計は電卓頼み。
パソコンは、もっぱら情報収集機器。
(9月24日)



警察官立ち寄り処

この数年、
特に事故が多い。
警察でも、なんとか事故を減らそうと、
いろいろと手を打っているが、
その合間を縫うように、事故が起こる。
時々、パトカーや白バイが店に止まっているが、
別にマスターが事情聴取を受けているわけではない。
交通安全啓発に、
たまに警官が立ち寄ってくれる。
金融機関では『警察官立寄所』などの札が貼ってあるが、
カモノセキャビンも同様、立ち寄り処。
うまく出会えれば、
普段気になっていること(黄色の実線と白の実線の違いとか)、
(高速道路と専用道路はどこで見分けるのかとか)、
聞いてみると良い。
実は、自分が聞きたいことだが、
なかなかタイミングに恵まれない。
普段から、警察官に慣れていれば、
よりいっそう運転に気を遣うようになると思う。
(9月24日)



2016年10月のエッセイ

とちの実ケーキ

大量のとちの実。
さていつ試食できるかと思っていたら、
何でもアク抜きの次は、
2ヶ月ほど干して、
皮をむいたら、
またアク抜き。
今年のとちの実が使えるのは、
早くても、年明けらしい。
残念!
(10月1日)



ナビにて

とあるボランティアさん。
先日の日曜日、午前中に自宅を出て、
昼ご飯をカモノセキャビンでと予定していた。
たまたま左京区の方に寄ることがあり、
ナビをセットしたところ、
そのまま北へと進む道が表示された。
毎度毎度R162を通るのもつまらんと、
表示された道をセット。
ところがそれは貴船を通り抜ける道。
まず日曜日で、貴船は観光客で一杯!
もちろん車も多い上、
送迎用のマイクロバスも行き来する。
街道沿いのそれぞれの店から
誘導係がでて、
とてもうまく捌いていく。
ぎりぎりまで車を幅寄せし、
ドライバーの腕の見せ所。
さて貴船神社奥宮を越えたところで、
八丁林道よりせまい道に行き会い、
しばし黙考。
結局そのボランティアさん、Uターンを決意。
鞍馬周りのR477経由で、
カモノセキャビンにたどり着いたとのこと。
通常の1.5倍の時間をかけて、
大いにドライブを楽しんだに違いない。
(10月1日)



シフォンケーキ

この度、
シフォンケーキの栗とココアと抹茶をいただいた。
もちろん一人で全部食べたわけではなく、
わけっこさせていただいた。
うーん、さすがに栗シフォンは秋の味覚。
きちんと栗の味がして美味しい。
ココアシフォンは、甘みを充分抑えてあり、
定番のおいしさ。
抹茶シフォンは、なかなかに抹茶の味が濃く、
これは一番好みかも。
お一人での来店では、各種味比べとはいかないが、
お持ち帰りで数種類お買い求めいただけば、
一度にいろいろな味が楽しめて嬉しい。
(10月7日)



ねずみ取り

以前載せた、私事のネズミ被害。
知人に話したら貸してくれたねずみ取り!
トムとジェリーを思い出した。
今も売っているらしい。
ねずみ取り
餌はやはり、三角のチーズ?
さて、うまく捕まえられるか!?
(10月7日)



スズメバチ

今年はスズメバチの当たり年らしい。
カモノセキャビンでも、
黄色スズメバチが、飛び交っている。
軒先に吊された捕獲器。
1つは購入したものだが、
それ以外は、お手製。
ペットボトルに蜂の出入り口を付け、
なかには日本酒と酢と砂糖を混ぜたもの。
この日本酒は、上等なものでないと駄目らしい。
酒の善し悪しのわかる蜂?
いやいや、単に成分の問題。
これがまた、よく取れる。
それぞれの入れ物には、
入ったまま出られずにもがく蜂もいる。
この蜂捕獲器が出来る前は、
マスターが虫取り網で追っかけていた。
捕まえたら、足でつぶす。
なかなか見応えのある捕り物。
マスター曰く、
「関西広しといえど、
 店の中でスズメバチが捕れるのは、うちだけや!」
(10月12日)



ショップカード

店内に置いてあるショップカード。
(マスターは「名刺」と呼ぶ)
これは印刷ではなく、
インクジェットのプリントアウトである。
そのため水に弱く、
濡れるとインクがにじむ。
印刷をお勧めしようと思ったこともあるが、
ご存じのように、このカードはたびたび図案がかわる。
店の雰囲気をお伝えすることも考え、
お客様やA嬢が写した
画像データを提供いただき、
作成されている。
時事ネタ(?)や、特にPRしたいことを
カードに盛り込んでいる(こともある)。
単に作成者の趣味 ― という場合もあるらしいが。
最近は、カードを集めてくださる方もいるという。
並べてご覧いただくと、
面白いことがわかるかもしれない。
(10月12日)



ヘルメット2題その1

暑くなったり寒くなったり、
なかなか装備に決断のいる気温が続いているが、
カモノセキャビン近辺は山の中。
『寒い!』と思っていていただきたい。
店内ではストーブに火が入り、
冷たくなった身体を休めることが出来る。
さて問題は、ヘルメット。
ついバイクに置いたままにしていると、
カメムシが入り込む(ことがある)。
気付かずにかぶると、えらいことになる。
もちろん、出て行った後でも匂いは残る。
自分も一度経験があるが、
走り始めてすぐに異様な匂いに気付き、
探すが既に姿はない。
仕方なく、風で匂いを吹き飛ばしながら、
走り続けることになる。
防御策は、
ヘルメットも店内に持ち込むこと。
お気を付けられたし。
(10月20日)



ヘルメット2題その2

たまたまネットを見ていたら、
ヘルメットの広告があった。
フルフェイスのメットが4千円以下で買える!?
昔はメットのメーカーと言えば、
ショーエイかアライがメイン。
値段も数万円から。
DIYの店で買える数千円のハーフメットやジェットヘルは、
ホントに頭を守るのかと疑問を持っていた。
厳密には、数万円のメットでさえ、
1度でも落っことして衝撃を与えたら、
以降は衝撃を防げないと言う。
そして今は、この値段。
そう言えば以前、
メットをバットで殴り、
変形の度合いを比較した動画を見た。
某国産のメットは1回殴っただけでペコペコ。
ヘルメットは万が一の時に、
大事な頭を守るもの。
よく考えて購入したい。
(10月20日)



ハロウィンクッキー

今の季節モノとして、
クッキーがハロウィン仕様になっている。
A嬢が工夫をこらしたもの。
クマ型クッキーが抱えている。
ハロウィンかぼちゃ? は、わかる。
バナナ? いえ、お化けです。
ゲームキャラクターのスライム?
違う!爆弾!
この目の黒いのは????
グレクマ! ヤンキーサングラス!
以上、A嬢と自分の会話より。
(10月29日)



前照灯

国交省の決定では、2020年4月以降発売の自動車には、
オートライトを付けることが義務づけたとか。
暗くなったら自動点灯するヤツだ。
しばらく前から、
夜間でも無灯火で走る車を見かけることが多くなった。
たとえ街中であれ、
無灯火だと止まっているのか、走行中か
とっさの判断が出来ない。
さて、ご存じの方も多いだろうが、
運行中はハイビームが基本。,br> 対向車がある時にはロービームにするのがルール。
何でもハイビームは「走行用前照灯」、
ロービームは「すれ違い用前照灯」というのが、
正式名称らしい。
バイクでも同じだが、
自分の存在をアピールし、
事故に遭わないおこさないを標語としたい。
(10月29日)



2016年11月のエッセイ

クマ型クッキー

最近のクッキーセットには、
クマ型が入っている。
以前はネコ型が入っていたが、
今は、クマ型。
お買い求めになるお客様は、
入っているクッキーをよく見ている。
自分に似てるとか、このほうけた顔がええ、などと
選びに選んで、
ご購入される方も多い。
どうぞ一度ゆっくりご覧いただき、
お気に入りのクマを見つけてください。
(11月7日)



新作トレーナー

冬物のトレーナーが、
ラインナップに加わった。
定番のトレーナーだが、
分厚くて着やすく、
自分も重宝している。
どのサイズも同じ値段。
ざっくり着るのが好みの方は、
大きめを購入されると良いが、
着た感じは、普通のサイズより大きく感じる。
もともとが、ゆったりと作られていると思われる。
新しいデザインのバッグもあるようなので、
来店時には、ご確認いただけばありがたい。
(11月7日)



サーバー移行

ホームページ開発当初から使用していたサーバーが
この度閉鎖になった。
数ヶ月前からわかってはいたが、
もともと知識の弱い自分、
おそらくここをこうしてああして・・・
と、だいたいのことは知っていても、
具体的に何をどうすればよいかわからん。
いっそのこと、URLを替えてしまえば手っ取り早いと思いつつ、
ぎりぎりまで対応できずにいた。
マスターからの連絡で、
サーバーの使用期限が過ぎたことを知り、
あわてて対応。
どちらにしろ、
サーバー変更で数時間から数日はHPが表示されなくなるが、
今回は突然のことで、ご迷惑をおかけしました。
無事に移行が完了したようなので、
今後ともよろしくお願いします。
(11月14日)



石つぶて?

先日の祝日、
久しぶりにR162を北に走る。
京都市内はめずらしく晴天なのに、今日は車。
気分よく走っていたら、
高雄を越えた辺りで、急に風が走り抜けた。
紅葉になり損ねた木の葉が、
ざざーっと舞い散る。
と同時に、バタバタバタと耳慣れぬ音。
車の屋根に、何かがあたる音。
小石がバラバラとあたるような。
これが崖なら、崖崩れ!?
どうやら、木の実が落ちてきたような。
栗ならイガがあってこんな音はしないような。
どんぐりか?
よくわからないが、
数秒で風も通り抜け、
その後は問題なく・・・。
(11月14日)



店内、冬の定番

毎年、常連のお客様へお出しする年賀状。
この時期になると、図柄についての検討が始まる。
2017年の年賀状についても、
決まった様子。
以前はセミプロのボランティアさんが撮った写真を
使わせていただいていた。
さて来年はどんな写真になるのか。
お楽しみに!
(11月21日)



まかないの冬の定番

店内ではストーブが、
大量の熱を発し、
スタッフは例年のごとく半袖。
(マスターは、例年のごとくランニングシャツ。)
そしてまかないの食事は、冬定番のおでん。
半年ぶりに見る定番に、
おもわず「なつかし〜!」
大根はよく煮込まれて、とろっとろ。
こんにゃくや練り物も味が充分に沁み、
最高のおいしさ!
さあ、ストーブが出て、定番おでんがでて、
さて次は?
(11月21日)



丸太を積んだトラック

R162を走行中、
前を丸太を積んだトラックが前を走っていた。
そういえば、以前はよく、
丸太を積んだトラックが走っていたなぁと思い出す。
トラックの直後に付いたときは
あの丸太が崩れてきたらどうしようとか、
荷台から出っ張った木に、
そのまま突っ込んでいったらどうしようとか、
慎重に運転していたことも思い出す。
あれからン年(ン十年?)、
いつの間にか、
そんなトラックは見かけなくなった。
林業の衰退が、目に見えて感じられる。
この北に向かうトラックは、どこへ行くのだろう。
(11月22日)



熟年ライダー

バイクの購入者の年齢が、
どんどん上がっている様子。
若い者はバイクどころか、
車にも興味を示さない者が増えているらしい。
2015年度の50代以上の二輪車購入者は61%とか。
購入者のどのくらいがリターンライダーかは不明だが、
自身の体力と運動神経、
よく理解して、「ライダー」となってほしい。
(11月30日)



カモノセキャビンの効能

田舎という雰囲気でもなく、
山の緑と川のイオン効果で、
気持ちがリフレッシュする。
店に立ち寄り
ここは、スイッチを切り替えられる場所だと
気がついた。
そう、ここは、
癒しスポット。
マスターとの会話で癒すか、
イオン効果で癒すか。
少なくともブログでもどこかのホームページでも
癒しスポットとは、載っていない。
隠れ家が公開されるのも抵抗があるが、
誰も知らないのはちょっと寂しい。
(11月30日)



2016年12月のエッセイ

クリスマスツリー

今年もツリーの季節がやってきた。
もちろん生木。
毎年、マスターが山から伐りだしてくる。
この季節が近づくと、
時々店を抜け出し、
山へ木を探しに行く。
  ・・・おじいさんは、山へ柴刈りに・・・
大きさが手頃なもの、枝振りのいいもの
目星を付けて、
さぁとばかりに、山へ行く。
軽トラに積んで店に戻り、
樽?に土を詰めて、店内に木を植える(?)
今年はどんな木になったのか、
ぜひご自身で、確認下さい。
ちなみに、七夕の笹飾りの代わりに
願い事を書いて飾ると叶うとか?
残念ながら、実績はないので
直接マスターに願掛けをされてはいかがだろう。
お賽銭次第やなぁという返事が返ってくる気がするが。
(12月7日)



老眼鏡

気が付いた方もおられようが、
先日から、
店内に老眼鏡が常備された。
強度・中度・弱度と、3種類。
よく銀行などに置かれているヤツだ。
茶を飲みに来て老眼鏡? と言う気もするが、
店内で寛いで、
本や新聞を楽しまれる方も多いし、
やはり必需品なのだろう。
普段使うことはないが、
何かのおりにちょっと使うと言う方には、
店にあると便利な品。
ご遠慮なく、お使い下さい。
(12月7日)



仕込み、下準備、下こしらえ、閉店後のカモノセキャビン

外が暗くなると、
ぼちぼちと閉店の雰囲気が漂う。
A嬢は、翌日の仕込みをはじめ、
マスターは天気を見ながら
(その日の気分で?)閉店の時間を考え出す。
その時々、店奥のテーブルで、
ヨーグルトメーカーや、
パン焼き器にスイッチが入る。
その日の流れで、
ケーキの仕込みであったり、
クッキーの仕込みであったり、
普通にカレーの仕込みや、
サラダの用意など、
やることは一杯、多種多様。
カレーや山菜の仕込みはマスターも手伝っているところを見るが、
デザート関係は、
ママさんとA嬢という女性陣が仕切っていると思われる。
まぁ、マスターがあの手で作ったシフォンケーキなど、
あまり食べたいと思わないし・・・・。
(12月15日)



駐車禁止

知り合いが、駐禁の切符を切られた。
厳密には、駐禁ではない。
進行方向とは逆に駐車したため、
名称が異なる。
このところ、ちょっとした買い物やら配達やらで、
逆向きに駐停車する車を見かける頻度が高い。
その知り合いも、
L字型の場所で、前から対向車が来ることはないので、
油断したのだろう。
しかしどう言っても、逆送車両になり、
違反となる。
自分も逆向きに駐停車している車に、
迷惑をかけられた(かけた?)ことがある。
こちら向きに照らされたヘッドライトで錯覚を起こし、
事故を起こした。
気安く反対車線に停める方は、
逆送してきた車にであったときどうなるか
想像して欲しいものだ。
(12月15日)



ジンジャー人形

クリスマスクッキーでメジャーな
ジンジャー人形。
ジンジャーたっぷりの、人型クッキー。
そしてA嬢命名のジンジャーガールも。
確かに、スカート履いてる?
クリスマスまでの限定商品。
明日はイブ。
お試しになりたい方は、
この連休のみ。
(12月23日)



メニュー各種

以前英語のメニューのことを書いたが、
今度は台湾語のメニューが用意された。
京都の観光客が増えるにつれ、
郊外のカモノセキャビンへも、
海外からのお客様が来店されるようになった。
もちろん店が目的地ではなく、
例えば茅葺きの里へ行く途中に
カモノセキャビンへ立ち寄るのだが、
それでも、
わざわざこの店を選んでいただくのは、
大変ありがたいこと。
そして日本語以外のメニューが用意される。
今回は台湾語のメニュー。
メニューの作成には常連さんの力を借り、
たいへんありがたく、使用されている。
カモノセキャビンの国際展開も近い!?
(12月23日)



Facebookページ

1週間ほど前、
Facebookページに繋がるボタンが欲しいと、
マスターから依頼された。
単純に考えれば、
Facebookボタンにリンクを張れば良いだけなのだが、
どうも、難しい方を選んでしまったらしい。
Top頁にFacebookページを埋め込んでみた。
実際のFacebookページを見るには、
クリック1つで問題ないし、
とりあえずは、これでやってみようと思う。
マスター的には、もしかしたら、
いいねボタンを設置して欲しかったのかもしれない。
と思って、それも調べてみたが、
よくわからんのでパス。
いわゆる試験運用ということで、
現状のをお試しください。
(12月24日)



クリぼっち?

ネットでニュースを見ていたら、
『クリぼっち』という言葉をみつけた。
なんでも、一人クリスマスのことらしい。
町へ出れば、カップルばかりという時代は、
過ぎたのだろうか。
カモノセキャビンのクリスマス。
生木のでっかいツリーと、
そこにぶら下がった大きな靴下。
新作のゆずケーキやリンゴシフォンを
お一人様で食べながら、
マスターとよもやま話で過ごすのも、
また一興なクリスマス。
(12月24日)



2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 INDEX BEST

【管理人のページ】  【トップページ】